各社ハイエンド機が2Kディスプレイの採用を見送ったのは歩留まりの悪さによる供給量不安が原因

2014.3.17
xplay3s

MWCでは2K(2560×1440,qHD)ディスプレイを採用したフラッグシップ機が各社から発表される、なんて噂もありましたが、ふたを開けてみれば各社のフラッグシップはFHD(1920×1080)のままでした。

これについて、Digitimesが2Kディスプレイ製造の歩留まりの悪さが原因だと伝えています。

2Kディスプレイを採用したスマートフォンとしてはVivo Xplay 3Sが発売されています。これは6インチで画素密度は490ppi。AU Optronics (AUO) がディスプレイを供給しているそうです。

いまのところ500ppi以下であればなんとか大量生産ができるようですが、500ppiを超えると一気に歩留まりが悪く、供給量が安定しないとのこと。たとえば5.5インチだと538ppiとなります。

このため、大量に出荷が見込まれる大手メーカーのハイエンド機ではもうしばらく採用はされず、2Kディスプレイに手を出すのはあまり数が出ない中国メーカーのハイエンド機が中心になるだろうということです。

確かに現時点で2K採用が確定しているのは発売済みのVivo Xplay 3S、19日に発表があるOPPO Find 7ぐらいです。ほかにはMeizuのMX4が2Kを採用するという発表をしています。

LGDとJDIがそれぞれ2Kディスプレイの生産ラインを立ち上げているようですが、量産可能になるのは今年後半になる見込み。このため、各社ハイエンド機が2Kディスプレイを採用するのは年末になりそうです。

もっと一気に採用が進むのかと思っていたのですが、いろいろ難しいんですね。

(source Digitimes)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

BlackBerry Keyoneの発売はさらに遅れる?

英Cloveで5月5日に発売とアナウンスされていたBlackBerry Keyoneですが、どうやらさらに遅れるようです。 関連:BlackBerry Keyone、英Cloveには5月5日に入荷。米国での発売も5月にな ...

雑記

HUAWEI Mate 9のブートアニメをPorsche Designのものに変えてみた

HUAWEI Mate 9には、Nate 9 Proと同じデザインのMate 9 Porsche Designというちょっとお高いモデルがあります。 関連:HUAWEI、次期フラッグシップ「HUAWEI Mate 9」発 ...

News >モバイル

HUAWEI P10 / P10 Plusのストレージには3つの規格が混在するもHUAWEIは「問題ない」という見解。さらにMate 9も混在?

HUAWEIの最新フラッグシップ P10。フロントにもライカレンズを採用するなどフラッグシップにふさわしい意欲的な(ただP9、Mate 9からあまり変わり映えがしないけど)端末となっていますが、そのP10にちょっとした騒 ...

News >モバイル

HTC、側面にセンサを搭載するHTC Uを5月16日に発表。

HTCが5月16日に発表会を行うということで、メディア向けに招待状を送っているようです。噂のフラッグシップ、HTC Uが発表ですね。 HTCの公式アカウントも短いティザーを公開しています。 Squeeze for the ...

News >モバイル

テレコムサービス協会がMVNOの利用を考えている人に向けてチェックポイントを公開

イマイチ浸透している気がしないMVNOキャラクター「しむし」でおなじみの一般社団法人テレコムサービス協会が、総務省からの要請を受けたということで、MVNOの契約や利用する上での注意点とアドバイスを公開しました。4月13日 ...

MENU

back to top