プロジェクタ内蔵スマートフォン Galaxy Beamの後継機らしき端末が中国の認証機関で見つかる

2014.3.17
galaxybeammain2

一部では大人気だったらしいSamsungのプロジェクター内蔵スマートフォン、Galaxy Beamの後継機が中国の認証機関Tennaに登場しています。

広告

スペックは主なところでは、4.66インチ(480×800)、Android 4.2.2、RAM1GB、クアッドコア1.2GHz、microSD対応、本体サイズは134.5×70×11.7(mm)と言った感じです。

先代は4インチだったので少し大型化していますが、厚みは薄くなっています(先代は12.5mm)。

対応周波数がGSM、TD-SCDMAなので中国向け端末ですが、グローバルモデルはでるのかな?

肝心のプロジェクタの性能がわかりませんが、現行機の15ルーメン 解像度640×360よりもアップしていることを期待したいです。

なお、バックカバーが金属のように見えますが、プラスチックをそれっぽく加工しているだけのようです。

(via engadget)
(source tenna)

タグ: ,
News >モバイル

Xiaomi、Android One搭載デバイスをインドネシアで発売?

もとのMi5XもROM書き替えでAndroid Oneになったりするのだろうか?

News >モバイル

自分を360度撮影できる? Insta360が8月28日に発表する新製品のティザーを公開

人混みの中では撮影できなさそう感はあるけど面白そう。

News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

back to top