プロジェクタ内蔵スマートフォン Galaxy Beamの後継機らしき端末が中国の認証機関で見つかる

2014.3.17
galaxybeammain2

一部では大人気だったらしいSamsungのプロジェクター内蔵スマートフォン、Galaxy Beamの後継機が中国の認証機関Tennaに登場しています。

スペックは主なところでは、4.66インチ(480×800)、Android 4.2.2、RAM1GB、クアッドコア1.2GHz、microSD対応、本体サイズは134.5×70×11.7(mm)と言った感じです。

先代は4インチだったので少し大型化していますが、厚みは薄くなっています(先代は12.5mm)。

対応周波数がGSM、TD-SCDMAなので中国向け端末ですが、グローバルモデルはでるのかな?

肝心のプロジェクタの性能がわかりませんが、現行機の15ルーメン 解像度640×360よりもアップしていることを期待したいです。

なお、バックカバーが金属のように見えますが、プラスチックをそれっぽく加工しているだけのようです。

(via engadget)
(source tenna)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

壊れたカメラ付きインターホンを自分で交換する方法

配線を使いまわせるので作業は楽です。ものすごく古いとわからないけど。

Amazon 夏のタイムセール開催、非プライム会員でも参加可能

プライムデーで買い損ねたものがあるならぜひ

back to top