手書きデバイスenchantMOON S-II発表 ハードは同じだけどソフトを一新

2014.3.14
enchantmoon

本日13時からゲンロンカフェで行われたイベントで、公式サイトで告知されていたenchantMOON S-IIが発表されました。

広告
enchantMOON

このS-II、ハード的には現行機とまったく同じながらソフトウェアのソースコードを1から書き直し、大幅なパフォーマンスアップが図られているということです。

具体的には、

  • レイテンシー最高80ミリ秒
  • カメラの高画質化
  • WEBブラウザの高速化
  • 動画再生に対応
  • 高速ページ遷移
  • ハイパーリンクの高速化
  • 紙のノート感覚のページめくり
  • 領域形状の自動補正

という感じです。

また、S-IIに合わせてProject Geminiというブラウザベースのエミュレーションも発表されました。そしてさらに、project SkylabというenchantMOON専用のクラウドサービスも発表。GeminiとSkylabによりencahntMOONで書いたものをiOSやAndroid、Mac、Windowsで扱うことができるようになり、真のハイパーテキスト端末になるということです。

そしてそして、現行機種にも無償でアップデートが行われ、S-II相当に更新が可能とのこと。

S-IIの発売は4月。価格は16GBが49,800円、32GBが59,800円です。ハード的にはまったく同じということですが、実は1万円ほど値上げしています。なので、いまのうちに現行機種を買っておいたほうがお得ということです。

これは、UEIの「最初に買ってくれたユーザが得をするように」という方針のためみたいですね。

イベントの最後には2015年に真の後継機となるMKIIの予告も行われました。おそらくハードも新しくなるのでしょう。できたらも少し軽くしてほしいです。

今日のイベントのユーストリームはいずれ公開されるのではないかと思いますが、Twitter上では#enchantMOONというハッシュタグでイベントの様子が語られています。

一般ユーザ向けには3月26日に内覧会が開催されるようです。

(source encahntMOON)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top