Bitcoinの産みの親、中本哲史の正体が判明?

2014.3.7

Mt.Goxの破綻により一気に認知度があがった感のあるBitcoinですが、その創始者とされる謎の人物「中本哲史」の正体が判明したとNewsweekが報じています。

Bitcoinの始まりは「中本哲史」という人物が書いた論文で、その論文に書かれた内容をもとに2009年から運用がスタートしました。論文はいまでもこちらで読むことができます。

ですが、これまで肝心の「中本哲史」については謎のままで、某国政府説や京都大学教授の望月新一博士説などがありました。今回Newsweekが報じているのは鳥取県出身でカルフォルニア在住のSatoshi Nakamoto (英語記事なので漢字表記は不明)氏。

GizmodoではNewsweekが取材に成功したと書いますが、実際には家族を含む周辺人物にインタビューを行っただけで、本人からはBitcoinの話を直接聞けたわけではないようです。

にも関わらず、本人や自宅の写真を掲載しており、コメント欄は炎上気味です……。

すぐに警備を付けるべきだなどの物騒な意見もありますが、Bitcoinが投機対象になっていることもあり、逆恨みの対象にはなりえそうです。

実際のところこの人が「中本哲史」なのかどうかはわかりませんが、しばらくはbitcoinの話題が続きそうですね。

(via Gizmodo)
(source Newsweek)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

News >モバイル

AUKEY、USB-PDに対応したUSB Type-Cハブ 2機種を発売

GPD Pocketで使うならSD有りのCB-C59かなぁ。

News >モバイル

Porsche DesignのHUAWEI Smartwatchが欧州で販売開始、価格は約10万円

ファンなら高くても欲しいのでしょうかね。

back to top