SonyのBluetoothヘッドセット SBH80がやってきた

2014.3.4
SBH80

SonyのBluetoothヘッドセット、SBH80がやってきました。英Cloveで購入。送料込みで£91.49(約15,500円)でした。

Sony、ネックストラップ型のBluetoothヘッドセット SBH80を発表 | Dream Seed

そんなわけで、いつものように外観レビューから。

SBH80

付属品一式。本体のほか、USBケーブルとイヤーピース(本体に付いているのを含めてS、M、Lの3種類)だけです。

SBH80

本体。首の部分にくる本体から直接ケーブルが伸びており、イヤホンの交換はできません。

SBH80

本体から伸びている部分は一見堅そうですが、かなり柔軟性があります。型はついていますが、完全に2つ折りにしても問題ありませんでした。これなら鞄にしまうのも楽そうです。

SBH80

首にかけたときに右側に来る部分。ボリュームと受話ボタンがあります。

SBH80

左側に来る部分には再生・停止と曲送りのボタン。

SBH80

首の裏にくる本体。この部分は滑り止めなどはないツルツルのプラスチックです。写真はひっくり返して撮っています。

NFC搭載で簡単ペアリングが可能です。

SBH80

充電はmicroUSB。

SBH80

充電中は赤、充電が終わると緑のLEDがつきます。

肝心の音ですが、aptx対応でそれなりにいいとは思うのですが、なんとなく厚みがないというか軽い感じがします。この辺は音楽に関してはまったくの素人の意見なのであまり参考にはならないと思いますが、Sony特有のドンシャリという感じでもなく、高音も低音も物足りない感じです。ウォークマンアプリでサウンドエフェクトをかけたりしたら変わるんだろうけど……。

そんなわけで、たぶん音質を求める人には向いていないと思うけど、Bluetoothの利便性がほしいならいいんではないでしょうか。

SBH80

ちなみに、ちゃんと技適マークもありました。SonyのBluetooth製品は日本で出さなくても高確率で技適を取っているので、「技適があるから日本でも出る」とは言い切れないのですが、Xperia Z2あたりと一緒に販売してほしいですね。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top