NokiaのAndorid端末、Nokia Xが正式発表 Nokia X、X+、XLの3機種同時

2014.2.24
nokiax+

本日開催されたNokiaのプレスカンファレンスにおいて、かねてから噂になっていたNokiaのAndroid端末、Nokia Xが発表されました。Nokia Xのほかにあと2台開発しているという噂がありましたが、その通りにNokia X、Nokia X+、Nokia XLと3機種が発表になっています。

Nokia X

まずNokia Xですが、4インチWVGA(800×480)、Snapdragon 1GHzデュアルコア、RAM512MB、ストレージ4GB、microSDサポート、5MPカメラ、バッテリ1500mAhという感じ。

Nokia X+はNokia Xのメモリが768MBに強化されたバージョンです。

NOKIA XL

Nokia XLはディスプレイが5インチに大型化したモデル。ただし解像度はWVGAのままです。RAMは768MB。XLにのみ2MPのフロントカメラが付いています。

 

Nokia X

Nokia X+

Nokia XL

Screen

4-inch IPS LCD, 800 x 480px

4-inch IPS LCD, 800 x 480px

5-inch IPS LCD, 800 x 480px

RAM

512MB

768MB

768MB

Storage

Up to 32GB
MicroSD

Up to 32GB
MicroSD; 4GB card included

Up to 32GB
MicroSD; 4GB card included

Rear camera

3-megapixel fixed focus

3-megapixel fixed focus

5-megapixel with autofocus and flash

Front camera

2-megapixel

Processor

8225 Qualcomm Snapdragon

1GHz Dual Core

8225 Qualcomm Snapdragon

1GHz Dual Core

8225 Qualcomm Snapdragon

1GHz Dual Core

Networks

ESGM 850 / 900 / 1800 / 1900

WCDMA 900 / 2100

ESGM 850 / 900 / 1800 / 1900

WCDMA 900 / 2100

ESGM 850 / 900 / 1800 / 1900

WCDMA 900 / 2100

Dimensions

115.5 x 63 x 10.4mm

115.5 x 63 x 10.4mm

141.3 x 77.7 x 10.8mm

Weight

128.66g

128.66g

190g

Standby time

2G = Up to 28.5 days

3G = Up to 22 days

2G = Up to 28.5 days

3G = Up to 22 days

2G = Up to 41 days

3G = Up to 26 days

Talk time

2G = Up to 13.3 hours

3G = Up to 10.5 hours

2G = Up to 13.3 hours

3G = Up to 10.5 hours

2G = Up to 16 hours

3G = Up to 13 hours

X-screens

Androidが動作しているものの、UIにはAndroidらしさは微塵もありません。また、以前からの噂通り、Googleのサービスには非対応。Google Playも使えず、代わりにNokiaのApp storeを使用します。

Androidのアプリはそのまま動くようですが、アプリによってはNokiaのAPIを使って再コンパイルが必要になるようです。

端末の価格はNokia X €89(約12500円)、Nokai X+ €99(約14000円)、Nokia XL €109(約15000円)。

Nokia Xはアジア、欧州、インド、南アメリカ、中東、アフリカですぐに発売開始されるとのこと。

Nokia X+、XLはQ2に発売になるようです。

完全なローエンドというわけではなく、ややミドルよりな端末ですが、素直にAndroidを搭載した端末を出してきたというのがうれしいですね。

アプリについては、初期のBlackberry OS10も再コンパイルが必要だったものの、後にそのままインストールが可能になったし、Nokia Xもいずれは……という期待をしたいです。

でもせっかくだからハイエンドも見てみたいなぁ。

(source Nokia)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

AmazonがHTC VIVEの取り扱いを開始 先着で「乖離性ミリオンアーサー」「エニグマスフィア」のプロモーションコードも同梱

AmazonでHTC VIVEの取り扱いが開始されました。 HTC VIVEはOculus Riftと並ぶハイエンドVRゴーグル。利用するためにはそれなりなスペックのPCが必要になりますが、Proje

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

Bitdefender BOXの実機レビュー 今後はこの手の製品が各家庭に必須となるかも【AD】

先日からモニターしているBitdefender BOXですが、今回は設定方法と実際の使用感についてレビューしたいと思います。 関連:パソコンだけではダメ、重要なのはスマート家電などIoT機器...

MENU

back to top