HTCが破損したディスプレイの無償交換を含むHTC Advantageサービスを発表

2014.2.19
HTC_Customer_Advantage___HTC_United_States

先日、ディスプレイ破損への対応をほのめかしていたHTCが、米国でHTC Advantageという補償サービスを正式発表しました。

広告

HTC、米国でディスプレイ修理サービスを開始か? | Dream Seed

HTC Advantageが提供する主なサービスは次の3つです。

  • 購入6ヶ月以内のディスプレイ破損について1度だけ無償修理
  • 購入額に応じて25GB〜50GBのGoogle Driveを2年間無償提供
  • 2年間のアップデート保証

アップデート保証は以前アナウンスれていたものですね。端末の発売後2年間はAndroidのバージョンアップに追従してアップデートをリリースするというものです。

ディスプレイ破損については、購入6ヶ月以内に1度だけではありますが、無償修理を行ってくれます。このとき、$29を支払うと、端末ごと交換(新品交換?)してくれるとのこと。

iFixitがHTC Oneの分解方法を紹介 修理のしやすさは10段階で最低の1 | Dream Seed

HTC Oneの修理スコアは最低ランクと評されているので、ディスプレイの交換サービスはありがたいですね。

なおこのサービスは、HTC One、HTC One mini、HTC One Maxでのみ利用可能です。HTC Advantage自体の費用は無料。

いまのところ米国内でのみの提供となっていますが、これがグローバル展開されるのかは不明です。

(via PhoneArena)
(source HTC)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top