docomoの活動量計 ムーヴバンドを買ってみた

2014.2.16
ムーヴバンド

docomoから発売されている活動量計、ムーブバンドを購入してみました。

FuelBand SEをすでに使っているのになんでわざわざムーブバンドを購入したかというと、わたしムーブ(WM)のサービスが使えるからという点に付きます。

オムロンの自動血圧計を買ってみた | Dream Seed

2012年の7月から毎朝血圧を測ってオムロンのWellnessLinkで記録しているのですが、このサービスが昨年WMと併合されているのです。

昨年末にはWellnessLink対応の体重計も購入して毎朝体重を測っています。

これにムーブバンドで歩数や睡眠ログを連携できれば便利そう、というわけで購入した次第です。

外観レビュー

ムーヴバンド

色はライトグリーンとネイビーブラックの2色があるのですが、ライトグリーンが人気のようでずっと在庫なしが続いています。そんなわけで購入したのはネイビーブラックです。

材質はシリコンのようなプラスチックのようなゴム系素材。FuelBandとは違い表面はツルツルです。

インターフェースはボタンが1つのみ。ほかに状態表示用のLED2つ(赤とオレンジ)、充電中に光るLEDが1つあるだけです。

ムーヴバンド

ベルトは金属のバックルで留める方式。腕時計でもありますね。装着はかなり楽にできます。バックルの位置は145mm〜200mmで調節可能です。

ムーヴバンド

充電には専用の充電台を使います。ここは直接microUSBを挿せるようにして欲しかったな。防水の関係でこうなったのだとは思うけど。

ムーヴバンド

バンドを装着するとこんな感じ。ちなみに本体の色味としてはこの写真が1番正確です。割りと青い。

本体は軽く、装着感はいい

本体が非常に軽い(約22g、ちなみにFuelBand SEはMLサイズが30g)のはいいですね。

また、バックル方式を採用しているため、留め金部分が薄く出来、装着したまま机に手首を置いた時にもFuelBand SEのような違和感がありません。金属バックルに賛否両論あるようですが、ここに普通の時計のような尾錠を使うと厚みが出るし、装着しづらくなるので私はバックル方式で良かったと思います。

使い勝手が悪いインターフェース

本体にはボタンが1つだけであり、このボタンを長押ししたり短押ししたりの組み合わせで日中モード、夜間モード(睡眠モード)、スマートフォンとの通信モードなどを切り替えます。

ですが、このボタンの操作感が最悪です。ボタン自体横長なのですが、端を押しても反応せず、中央付近を押す必要があります。しかし、中央付近を押すと指でLEDが隠れてしまい、モードが変更されたのかが非常にわかりずらい。しかもボタンそのものにまったくクリック感がないので押せているかどうかもわかりません。

正直、このボタンだけを考えるなら、よくこんなの市場に出したなというレベルです。

計測精度は疑問

半日ほどFuelBand SEと2つ付けて過ごしてみましたが、センサー感度の問題なのか、歩数の計測に疑問を感じます。

半日の使用でFuelBandでの歩数は2197歩。カロリーは264Kcalとなっていたましたが、ムーブバンドでは4059歩、793Kcalという結果。感覚的にはFuelBandのほうが正確です。なにしろほとんど車に乗っていたので……。

ネットで調べても車で移動中も歩数がカウントされるという話が出てくるので、ちょっと振動や腕の振りだけでカウントしてしまっているようです。これ、ファームの更新とかで改善されるのかな?それ以前にファームの更新はできるのか?

わたしムーブと連携はできるけど……

スマートフォンアプリのわたしムーブ(WM)と連携して端末上で記録を確認できるのですが、通信は自動ではなくバンド側で都度通信モードにする必要があります。自動のほうが便利ではありますが、電池持ちを考えると妥当なところでしょう。大した手間でもないし。

だけど、残念なことに記録は端末のアプリ上でのみ閲覧可能で、わたしムーブのサイトからは確認することができません。WellnessLinkの血圧、体重は確認できるですが、ムーヴバンドはあくまでもわたしムーブに対応しているだけで、WellnessLinkとは別物ということですね。わかりづらいけど。

睡眠ログは取れるけど……

wm

ムーヴバンドをナイトモードに変更すると睡眠ログを取ることができます(日中モード時に短押ししてオレンジのLEDが点灯中に3秒長押しでナイトモードへ切り替え。日中モードへ戻すのも同じ操作)。ナイトモードに変更してから日中モードに戻すまでを睡眠時間として記録し、その間の睡眠の深さを深い、浅いの2つの状態で表示してくれます(たぶん寝返りなどの動きがあったかどうかで判断しているんでしょう)。

結果はアプリ上でみることができるのですが、0時をまたいで2日分記録されるので閲覧性は悪いです。例えば上記は15日23:40〜16日6:35までの睡眠ログですが、23:40〜24:00までは15日、0:00〜6:35までは16日のデータとして表示されます。

Screenshot_2014-02-16-16-05-21

なお、睡眠の深さの表示は出来ませんが、連続した睡眠時間も確認は可能です。

からだの時計 WMは操作方法がわからない……

wm2

ムーヴバンドの購入と同時に「からだの時計 WM」というサービスにも加入したのですが、これのあぷりの使い方がさっぱりわかりません。

なんか便利そうな雰囲気だけはあるので、もうちょっと調べてみたいと思います。

総評 買うべきか否か

ぶっちゃけ、わたしムーブ(WellnessLink)で記録することに意味を見いだせるかどうかで評価が変わります。WellnessLinkで体重や血圧、基礎体温などを付けている付ける予定がある人なら活動量を一緒に記録閲覧できるムーヴバンドは他の活動量計をつかうよりも便利に感じるかもしれません。

それ以外の人は、正直なところ購入のメリットは無さそうな気がしています。たぶんFuelBandとか買ったほうが幸せになれるんじゃないかなぁ。

まだ半日使っただけの感想なので使い込んでいくうちに良さがわかってくるかもしれませんが、現状ではこんな感じの評価です。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top