NokiaのAndroid端末 NormandyはMWCで発表とthe Wall Street Journalが報道

2014.2.11
normandy

いろいろと情報が出てきて、発売されるのはほぼ間違いないと感じるNokiaのAndroid端末、Normandy(Nokia X)。そのNormandyが24日から開催されるMWCで発表されるとthe Wall Street Journalが報じています。

広告

それによると、Normandyは低価格な端末で新興国をターゲットにしているようです。これは以前から言われてきたことですね。

ただ、Androidを採用するものの、Google PlayをはじめGmail、MapなどGoogleのサービスは利用できず、代わりにNokiaの用意するアプリストアなど、NokiaとMicrosoftのサービスを利用することになるとのことです。検索もBingに置き換えられてるのかな?

また、MicrosoftがNokiaにAndroid端末のリリースを許しているのは「Windows Phoneが低価格端末(低スペック端末)では動かないから」、ということなのですが、これは誤解のような気がするなぁ。

現在伝えられているNormandyのスペックは、4インチWVGA(800×480)、Snapdragon(デュアルコア)、RAM512MB、ストレージ4GB、カメラ5MP、バッテリ1500mAhというものですが、Lumia 520がこれとほぼ同じスペックです。

世界で最も売れているWindowsデバイスはLumia 520らしいです | Dream Seed

スペックは同等だとしても、Windows Phoneのようなレギュレーションがない分、Androidを採用したほうが端末のコストダウンを行えるのかもしれません。

それにしても、Google系サービスが潰されていると魅力半減かなぁ。Androidなのであとでどうにでもなる気はするけれど。

とりあえず発表までの2週間を楽しみにしていたいと思います。

(via Pocket-lint)
(source the Wall Street Journal)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Meizu、背面にセカンドディスプレイを搭載したMeizu PRO 7 / PRO 7 Plusを発表

背面のセカンドディスプレイは意外と実用的かもしれないですね。

back to top