Forbs、24カ国でWindows PhoneのシェアがiOSを逆転したと発表

2014.2.2
The-Best-Selling-Windows-Device-in-the-World-Is-a-Phone

ForbsがWindows PhoneのシェアがiOSを上回っている24カ国のリストを発表しました。

24カ国の国名は以下。

  • チリ
  • コロンビア
  • チェコ
  • エジプト
  • エクアドル
  • フィンランド
  • ギリシャ
  • ハンガリー
  • インド
  • イタリア
  • ケニア
  • クウェート
  • マレーシア
  • メキシコ
  • ナイジェリア
  • パキスタン
  • ペルー
  • ポーランド
  • サウジアラビア
  • 南アフリカ
  • タイ
  • ウクライナ
  • アラブ首長国連邦
  • ベトナム

南米、アジア以外にも欧州でも増加しているみたいですね。

欧州でのシェアと言えば、先日、kantarが2013年Q4の各モバイルOSの市場シェアを発表し、欧州でiOSのシェアが減少し、Windows Phoneのシェアが増加しているという実態が明らかになっています。

Kanterが2013年Q4のモバイルOSシェアを発表 イタリアでは依然Windows PhoneがiOSを逆転したまま | Dream Seed

イタリアでは2期連続でWindows PhoneのシェアがiOSを上回り、南米でも昨年Q2からシェアの逆転がおきています。

Windows Phoneが南米でiOSを逆転しOSのシェアで第2位に Q2に続き2期連続 | Dream Seed

ただ、これらの地域はiOSが売れなくなったのではなく、もとから売れていなかった地域ですね。

Appleの戦略は徹底したハイエンド、裕福層向けの端末なので、南米やアジア地域など低価格端末が好まれる地域では売れません。これらの地域でシェアが逆転したとしても、Appleへの影響はほとんどないでしょう。

しかし、イタリアでWindows Phoneが好調な理由がイマイチわからない……。

(via リンゲルブルーメン)
(source Forbs)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top