Google、motorolaをLenovoへ29.1億ドルで売却

2014.1.30
motorola-lenovo

GoogleがmotorolaをLenovoへ売却することを発表しました。

売却額は29.1億ドル(約2,972億円)。

Googleがmotorolaを買収したのは2011年8月のこと。当時の買収額は125億ドルでした。

売却の理由として、GoogleのラリーペイジCEOは「motorolaを真のグローバル企業とするため」という声明を出しています。これによると、

“Lenovo has the expertise and track record to scale Motorola Mobility into a major player within the Android ecosystem.This move will enable Google to devote our energy to driving innovation across the Android ecosystem, for the benefit of smartphone users everywhere”

LenovoにはmotorolaをAndroidエコシステムの主要プレイヤーに押し上げるだけの専門性を持っており、今回の買収はスマートフォンユーザの利益となり、GoogleがAndroidエコシステムのイノベーション推進に力を注ぐことを可能にするだろう

ということです(超意訳)。

わかるようなわからないような理由ですが、とりあえずmotorolaが保有していた特許の大部分はGoogleがそのまま保持し、Lenovoはそれを利用することができるという形のようです。また、motorolaのブランドもそのまま残るようですね。

買収は本決まりではなく、今後米国、中国でそれぞれ承認される必要があり、それには時間がかかるだろうということです。

結局、motorolaがGoogleと協業でして世に出せたのはMoto XとMoto Gだけということになりそうです。

とりあえず、ひみつのアンドロイド花劇団の人妻ローラちゃんは離婚っていうことになるのかな?

花のアンドロイド学園 Vol.1 (―)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2013-07-27)

(via Droid-life)
(source Google)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

スタートアップ商品が当たる、プライム・ビデオキャンペーン実施中

普段からプライムビデオを観ている人は自動応募している感じ。

News >モバイル

GPD Pocket、不具合対策のために出荷停止中

バッテリコネクタの外れやすさは何とかしたほうがいいかも。

MENU

back to top