Xperia Z Ultra、電子書籍やマンガの表示を他機種と比べてみた

2014.1.24
Xperia Z Ultra

ソニーモバイルコミュニケーションズからモニターとしてお借りしているXperia Z UltraのWiFiモデル、これまで外観、スペック等を中心にレビューを2つ書きました。

だがしかし、結局のところ、そんなことより6.4インチの大画面を活かして何が出来るかが重要でしょ?というわけで、どんなことに使えるのかを他機種と比較も交えて書いてみたいと思います。

電子書籍の閲覧

Xperia Z Ultra

まず真っ先に思い浮かぶのがこれ。ReaderではなくKindleなのが申し訳ないですが、Xperia Z Ultra、Z1、Z1 fでKindleのエンダーのゲームを表示してみました。

Xperia Z Ultraは外形が179x92mm、液晶部分が142x80mmとなっていて、外形は新書サイズ(182 x 103mm)、液晶部分は文庫サイズ(148x105mm)に近い寸法となっています。このため、電子書籍の読みやすさは文句ないですね。手に持って読んでいても違和感がありません。

Xperia Z Ultra

なお、Kindle Paper Whiteと比べるとこんな感じです。さすがに読みやすさでは専用機であるPaperwhiteが勝りますが、ページ送りの反応の良さなどではZ Ultraに分があります。

エンダーのゲーム〔新訳版〕(上)
早川書房 (2013-12-13)
売り上げランキング: 582

マンガを読む

Xperia Z Ultra

電子書籍の次は当然マンガ。というわけで、Kindleで71%オフセール中だった機動戦士ガンダムUC パンデシネです。

やはり画面が大きいだけあってZ Ultraは読みやすいのですが、縦横比の問題で上下に空きができます。これは1080p、720pの他機種でも同じなので気にしなければ気にならないのですが、なんか惜しいですね。

Xperia Z Ultra

Paperwhiteだとこんな感じ。Paperwhiteは縦横比が紙面に近いため、Z Ultraよりも大きく表示ができます。

Xperia Z Ultra

やはりマンガを読むなら大画面タブレットですね。見開きで読めるし(写真はXperia Tablet Zに表示させたところ)。

WEB閲覧

Xperia Z Ultra

ブラウザを使ったWEBの表示。比べるまでもなく、大画面で見やすいです。ただ、最近はスマートフォン・タブレット対応しているサイトが増えているため、あまり気にする必要はないポイントかもしれません。PCサイトをちょっと見たい、というような場合にはかなり有用ではあります。

TV、映画鑑賞

Xperia Z Ultra

au版はフルセグ対応ですが、WiFiにはワンセグもフルセグもありません。それでも、標準のムービーアプリでnasneのライブチューナーでリアルタイムにTVの視聴、録画した番組の視聴が可能です(グローバル版はこれが出来ないんですよね。Twonky beamなどを使えば見れますけど)。

これは見やすくていいです。防水なのでお風呂でも大丈夫。私もたまにお風呂で見ています。子供さんの好きな番組をやっているときにお風呂に入れなければいけない時とかにも活躍中。

お絵かき

Xperia Z Ultraは高感度なタッチパネルの採用によって、先が尖った通常のスマートフォンでは使用できないようなスタイラスでも使うことができます。

とりあえずその様子をXperia Z1との比較で動画にしてみました。使用したスタイラスはエレコムのスマートフォン用極細タッチペン

ELECOM スマートフォン用タッチペン 大 極細 ブラック P-TPLFBK
エレコム (2013-03-16)
売り上げランキング: 1,320

レビューで散々なことを書かれていますが、Xperia Z Ultraでは問題なく使用できます。

Z1では使えないけどZ Ultraなら使えるという様子がわかってもえるんじゃないかと。途中で文字を書いているのは標準でインストールされているスケッチというアプリです。

他にも大画面を活かして地図表示や車載してのナビなど使い道はまだまだありそうです。そんな使い方などは、Xperia Z Ultraサロンでも今後紹介されていくようです。

Xperia™ Z Ultraサロン | Xperia™ Tablet | ソニー

購入を検討されている方はチェックしてみるといいかも。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEモバイルにLINE MUSICもカウントフリーになる「MUSIC+プラン」が誕生

LINEモバイルに新プランとなる「MUSIC+プラン」が誕生しました。 LINE MUSICがカウントフリーになるMUSIC+ LINEモバイルではLINEアプリがカウントフリー、つまりデータ量を消費

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導...

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

MENU

back to top