Xperia Z Ultra WiFi版をモニターとしてお借りしたので外観レビュー

2014.1.23 (更新日:2014.01.24)
Xperia Z Ultra

昨日参加したXperiaアンバサダーミーティングでXperia Z UltraのWiFi版、SGP412JPをお借りしたので早速いつもの外観レビューです。

そうはいっても外観上はグローバル版とまったく同じなんですけどね。

Sonyの6.4インチファブレット、Xperia Z Ultraがやってきた | Dream Seed

Xperia Z Ultra

外装箱まで同じです。左がグローバル版で右がWiFi版。グローバル版にはSonyロゴの下に「make.believe」の文字があります。

Xperia Z Ultra

同封物。本体のほか、USB-ACアダプタとUSBケーブルが入っていますが、クレードルはありません。au版にはクレードルも入っているとのことです。

クレードルの有無で使い勝手が大きく変わるので、ぜひ購入されることをオススメします。がんばってqi対応にするなら別だけど。

Xperia Z Ultraをワイヤレス充電に対応させてみた | Dream Seed

Xperia Z Ultra

本体。WiFi版なのでキャリアロゴなどはなくスッキリしています。

Xperia Z Ultra

背面もグローバル版と同じです。au版には赤外線ポートがありますが、WiFi版にはありません。Felicaも非搭載なのでFelicaロゴではなくNFCロゴになっています。

Xperia Z Ultra

ちなみに、Xperia Z Ultraにはカメラのフラッシュがありません。あったとしても切ってしまうことが多いので困ることはないかな?カメラは8.1MPでZ1などとは違います。

Xperia Z Ultra

正面向かって右側面。電源とボリューム、microSDスロット、3.5mmジャックがあります。

Xperia Z Ultra

本来SIMスロットがある場所は塞がれていました。なお、横に見える赤いボタンは強制リセットボタンで押すとハングアップしていても電源を落とせます。

Xperia Z Ultra

向かって左側はUSBポートとマグネットチャージの接点。

Xperia Z Ultra

防水端末の宿命ですが、USBポートに蓋があるので使い勝手は悪いですね。

Xperia Z Ultra

グローバルモデルと並べてみました。外観からどちらかを判断するのは不可能です。

Xperia Z Ultra

背面でも見分けはつきません。

Xperia Z Ultra

Xperia Z1と並べてみました。5インチのZ1が小さく見えます。

Xperia Z Ultra

厚みもZ1よりもかなり薄いです。

Xperia Z Ultra

Xperia Z1 f(SO-02F)と並べると、Z1 fが超小型端末に見えます。

Xperia Z Ultra

Z1 fと比べると厚みは約半分という感じ。

Xperia Z Ultra

サイズは6.4インチと大きいものの、片手でもギリギリ持てるサイズです。電車でつり革につかまりつつ片手で電子書籍を読むにはちょうどいいサイズですね。

Xperia Z Ultra

ちなみに横幅はパスポートとほぼ同じです。

そんな感じで外観レビューは特に目新しいものはなかったですが、次回は中身についてレビューしたいと思います。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

雑記

GPD Pocketに休止状態を追加する方法

何かしらの不具合があるかもしれないけど、今のところは問題なさそう。

News >モバイル

Google、スマホの背面タッチパッドに関する特許を取得

便利なのかは微妙かもだけど、いろいろ新しいことを試みてほしい。

雑記

GPD Pocketのケースを製作、市販品はiPad mini用のものが使えるかも

厚みがあるので市販の7インチタブレット用ケースだとギリギリになるかも。

News >モバイル

Samsung、台湾向けGalaxy S8+に新色ローズピンクを追加

女性向けだとS8のほうが良さそうだけど、台湾も大画面が人気なのかな?

MENU

back to top