Google、涙中のグルコース濃度を測定できるスマートコンタクトレンズを開発

2014.1.17
Hand holding - zoomed in

Googleがコンタクトレンズに無線チップとセンサを組み込み、1秒に1回涙に含まれるグルコースの濃度を測定できるスマートコンタクトレンズを開発していると報告しました。

糖尿病の人は血糖値のコントロールが欠かせませんが、血糖値の急激な上昇や下降は非常に危険であり、24時間体制の監視も珍しくないのだとか。また、現状では血糖値の測定の度に指先を傷つけて血を流す必要があります。

血糖値の測定は、血液だけでなく、涙に含まれるグルコースの濃度を測定することでも可能だそうですが、毎回涙を採取するのも難しい話です。

ならばコンタクトレンズで直接測定しようということでGoogleの[X]プロジェクトで研究されているのがスマートコンタクトレンズです。

2枚のソフトコンタクトレンズの間に無線チップとグルコースセンサがあり、毎秒涙に含まれるグルコースの濃度を測定します(無線でデータを飛ばして測定その他の処理は外部でやってるのかな?)。そして濃度が閾値を超えた場合には内蔵したLEDを光らせるようです。ところで電力はどうしてるのだろう?生体電流?

なかなか近未来的な研究ですが、糖尿病の人にとっては非常に有用なデバイスになりそうな気がするのでぜひ実用化にこぎつけて欲しいところです。

いずれはLEDの代わりにディプレイが組み込まれたりするんでしょうか。伊藤計劃のハーモニーでは目薬状のものでレンズを形成してたけど、そんな世界になるのかなぁ。

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
早川書房 (2012-08-01)
売り上げランキング: 795

(via Android Central)
(source Google)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top