Googleが自動車へのAndroid普及を目指す業界団体 Open Automotive Alliance(OAA)を設立

2014.1.7
about-hero-2

Googleが自動車へのAndroidの普及を目的としたOpen Automotive Alliance(OAA)の設立を発表しました。設立メンバーにはGoogleのほか、Audi、GM、HONDA、HYUNDAI、NVIDIAが名を連ねています。

具体的になにをどうするということは明らかにされていませんが、公式サイトには

「私たちは生活の多くのことを車に依存していますが、車と他のモバイルデバイスとの接続は常にシームレスではありません。OAAは誰にとってもより安全で、シームレスで、直観的な技術を共有することを目的とした大手自動車メーカーとテクノロジー企業のグループです」

と書かれています。まぁ、これを読んでもだからどうするのかということはよくわからないのですけど。

素直に読むと、自動車にAndroidを搭載するというよりは、自動車とAndroidを繋ぐプロトコルを定義する、Androidに自動車用のAPIを搭載するという方向に進む話なのかもしれません。ただ、最近は家電にもAndroidが搭載されているので、本当に自動車にAndroidを積むのかもしれませんが……。

GoogleがAndroidを開発・推進する業界団体OHA(Open handset Alliance)を立ち上げたのが2007年。それから6年程でAndroidはスマートフォンシェアの大部分を占めるまでになりました。

Androidを搭載した車に目的地を告げると自動走行で連れて行ってくれる、自分のいる場所にスマートフォンから車を呼び出せる、といった未来が今後数年で実現してしまうのでしょうか?

(via engadget)
(source Open Automotive Alliance)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

壊れたカメラ付きインターホンを自分で交換する方法

配線を使いまわせるので作業は楽です。ものすごく古いとわからないけど。

back to top