Samsung、ホームオートメーション構想「Smart Home」を発表

2014.1.5
SmartHome_0103_imagestyle_ENG_1

Smasungがエアコン、冷蔵庫、洗濯機、ロボット掃除機等の家電や照明、テレビなどをクラウドベースで一元管理できるSmart Home構想を発表しました。まもなく開催されるCES 2014で詳細な発表があるとのことです。

大まかにはデバイスコントロール、ホームビュー、スマートコンシューマサービスという3つのサービスが主軸になっています。

まずデバイスコントロールですが、これはスマートフォンなどから家庭内の各種デバイスを制御するというもの例えばルンバのようなロボット掃除機にボイズコマンドで「掃除をしろ」と命令して掃除をさせたり、照明やエアコンをON/OFFしたりといった内容です。

ホームビューは外出先からカメラを内蔵した機器を通じてリアルタイムに映像を確認出来るというもの。

スマートコンシューマサービスは、必要なときに必要な情報を顧客にリアルタイムに届けることが出来るサービス(アップデート情報や使い方など?)。

Samsungは、専用に開発したSmart Home software protocol (SHP)を広く開放し、他社の機器にもSmart Homeに接続できるようにしていくということです。

すでにスマートフォンから操作する照明やセントラルヒーティングなどは販売されていますが、これらを総合的にコントロールできるようになるなかなか壮大な計画ですね。

(via Android Police)
(source Samsung)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top