Vivo、世界初の2Kディスプレイ採用スマートフォン Xplay 3Sを発表

2013.12.19
xplay3s

先日OPPOが次期フラッグシップFind 7に2K(2560×1440)ディスプレイを採用するという話が出ていましたが、一足早く世界初の2Kディスプレイ採用スマートフォン Vivo Xplay 3Sが発表されました。

広告

Xplay 3Sは6インチサイズのスマートフォン。範囲的にはファブレットに入るかな?解像度は2K(2560×1440)で画素密度は490ppiとなります。

背面には指紋センサーも装備。このセンサーはカメラのシャッターとしても使えるようです。

GSM、WCDMA(2100MHz/1900MHz/850MHz)に対応している他、TD-SCDMA(1880-1920MHz/2010-2025MHz)、TDD-LTE(B38/B39/B40)、FDD-LTE(B3/B7)に対応します。

Xplay 3Sの主な仕様は下記。

  • OS:Funtouch OS(Android 4.3ベースのカスタムROM)
  • ディスプレイ: 6インチ IPS液晶(2560×1440,490ppi)
  • プロセッサ:Snapdragon 800 2.3GHzクアッドコア
  • RAM:3GB
  • ストレージ:32GB+microSD
  • カメラ:13MP F1.8/5MP F2.4
  • サイズ:158.2 x 82.59 x 8.68 mm
  • 重さ:172g

2Kディスプレイだけでなく、音にも力をいれており、オペアンプには高級オーディオ機器にも使われるTi OPA2604を採用。またDAC(ES9018)も内蔵しています。

他のメジャーメーカーにも負けないどころかディスプレイ、オーディオでは完全に抜きん出た感のある端末となっていますが、価格は$580でスペックを考えればかなり安いです。

発売は来月とのこと。これのグローバル版は出すのかな?

(via PhoneArena)
(source Vivo)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

ビックカメラが全店でbitcoin(ビットコイン)決済に対応

まだ本格的に使うには怖いかなぁ。

News >モバイル

TONEモバイル、新端末TONE m17を発表。arrows M04ベースの5インチ端末

arrows M04ベースなら自分で使っても良さそうです。

back to top