1枚のSIMを70ヵ国以上で使用できるGigSKyが日本でも発売

2013.12.13
gigsky

1枚のSIMを世界中で利用できる「GigSky」が日本でも12月中に発売されます。価格は2604円ですが、当面はキャンペーンとして1480円で提供されるとのこと。日本ではフロンティアファクトリーが販売します。

GigSkyは”ユニバーサルデータSIM”を謳う製品で、通常、海外に行った場合には、高額なローミング料金を払って日本のSIMをそのまま使うか、海外のデータ通信SIMを現地で購入して使うということになりますが、このSIMは渡航先に応じたデータプランをあらかじめ購入(専用アプリから端末上で購入可能)しておくことでSIMを差し替えることなく使用できるというものです。

対応しているのはGSMとWCDMAでLTEには非対応。

gigsky

現在は70ヵ国以上に対応していますが、2014年1月には120ヵ国に拡大する予定とのことです。

gigsky1

データプランの価格ですが、例えばアメリカでは上記のようになります(キャリアはAT&T)。

gigsky2

香港の場合。

gigsky3

ドイツ。

見てわかる通り、決して安くはありません。正直、現地でSIMを購入したほうが安そうです(例えば香港の場合、現地で3のプリペイドSIMを約1300円で購入すれば、約3日間データ通信が使い放題)。

そうは言っても誰もが現地で気楽にSIMを買えるというわけではないと思うので、GigSkyがありがたいと感じる人も多いはず。

それでも安いに越したことはないので、海外でもがっつりと通信をする場合は現地でSIM調達、短期でちょこっと使うだけという場合にはGigSkyという使い分けが良さそうですね。

(via ケータイWatch)
(source GigSky)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top