Sony Z Ultra Google Play Editionが販売開始 価格は$649

2013.12.11
Sony_Z_Ultra_Google_Play_Edition_-_Google_Playの端末

以前、7月にGalaxy S4やHTC OneのGoogle Play EditionとともにXperia ZのGoogle Play Editionも発売されるという噂がありましたが、その後一向に出てこず、SonyはGoogle Play Editionを作らないのかなぁなんて思っていたのですが、突然Google Playに出現しました。

Xperia Zではなく6.4インチのファブレット、Xperia Z Ultraでしたが。

Google Playでの発売価格は$649(約67,000円)。LTEの対応周波数を見ると、北米向けC6806がベースのようです。

  • C6833(グローバル向けLTE端末):2100(I)、1900(II)、1800(III)、1700/2100(IV)、850(V)、2600(VII)、900(VIII)、800(XX)
  • C6806(北米向けLTE端末): 2100(I)、1900(II)、1700/2100(IV)、850(V)、2600(VII)、900(VIII)、700(XVII)

気になるのはその名前。Xperia Z Ultraではなく、Sony Z Ultraなんですね。Xperiaシリーズではないという意思表示なんでしょうか?

C6833の実売価格が5万円前後まで下がっているのでかなり割高な印象はありますが、定価ベースで考えればこんなものなんでしょうね。

SonyはもともとAOSPなROMの提供に積極的なため、あえてGoogle Play Editionに手を出さなくても直ぐに同等のカスタムROMが出てくると思います。が、カスタムROMはちょっと……と言う人には良い選択肢かもしれません。購入代行や転送を考えると、総額で8万円を超えそうなのが難点ですけど。

(source Google Play)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top