BONSAI Lab、79,800円の小型低価格3Dプリンタを発表 12月6日からクラウドファウンディングサービスを通じて受注開始

2013.12.3
BONSAI Mini BS01

3Dプリンタが普及してきたとはいえ、その多くはまだ10万円台となっていますが、日本製でかつ10万円を切る小型低価格な3Dプリンタ BONSAI Mini(BS01)が発表されました。

BONSAI Miniは大きさが縦250×横250×高さ270mmとコンパクトな3Dプリンタ。方式としては一般的な熱溶解積方式でフィラメントはPLA、PLA/ABSの2つのモデルがあります。サイズがコンパクトなだけに造形できるサイズは幅150mm、奥行き130mm、高さ100mmと小さめですが、スマートフォンカバーあたりならギリギリ作れそうなサイズですね。

コンパクトとはいえ、性能はそれなりにあり、積層ピッチは0.1mmとなっています。これはほぼ業界標準となっているMakerbot Replicator 2と同等です。

米国をはじめ、学校教育に3Dプリンタを導入する動きが世界で加速する中、『日本中の先生たちに使ってもらいたい』『日本中のこどもたちに広めたい』という想いから開発・製造したもので、価格は税・送料込みで79,800円~とメイド・イン・ジャパンモデルとしては珍しい10万円を切る価格設定としました。

ということで低価格が売りなのですが、販売は日本のクラウドファウンディングサービス きびだんごを通じて行われます。製品化はすでに完了しているので開発資金というわけではなく、受注生産の手段としてクラウドファウンディングを利用するようです。

受注受付は12/6 0時〜12/26 24時までの21日間。79,800円という価格はEarly Bird(早割)20名限定のもので、他の価格がどの程度になるのかはわかりません。組み立てキットや故障時に代替機を提供してもらえるプランがセットになったものなどいくつかのモデルが用意されるみたいです。当日はかなりの争奪戦になりそうですね。

(via atpress)
(source facebook)

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Microsoft、組み込みWindows 10を搭載したウェラブルデバイスを発表

Microsoftがスマートウォッチによく似た外観のWindows 10デバイスを発表しました。実際にはMicrosoftが開発したわけではなく、製造は各種OEMを手掛けるTrekStor。 企業・産業の現場向けウェラブ ...

レビュー >その他

実写版「美女と野獣」、王子さまは野獣のほうがイケメンな気が・・・

4月21日から公開されているディズニー映画「美女と野獣」を観てきました。実は原作、アニメを含め、美女と野獣を観るのはこれが初めて。周りはカップルや女性ばかりだったので、実はおっさんが1人で見る映画ではないのかもしれません ...

News >モバイル

HTC、5月16日のフラッグシップ発表会の告知サイトを日本でもオープン。ライブストリーミングで配信予定

先日、紹介したHTCの発表会予告ですが、HTC Japanもライブ配信を行うということで特設ページをオープンしました。 関連:HTC、側面にセンサを搭載するHTC Uを5月16日に発表。 – Dream Seed 「かつ ...

News >モバイル

iPhoneをマッキントッシュ風にするスタンド「W4 STAND」。ただしそれ以上の機能はありません。

Apple Watchを初代マッキントッシュ風にする充電スタンド「W3 STAND」を発売しているelagoが、今度はiPhoneをクラシカルなマッキントッシュ風にするスタンド「M4 Stand」を発表しました。 シリコ ...

雑記

使ってみた? Android 7.0のGalaxy S7 edgeで利用できる「セキュリティフォルダ」

先月から開始されている国内Galaxy S7 edge向けのAndroid 7.0へのアップデート。そのアップデートにより「セキュリティフォルダ」という新しい機能が利用可能になっています。 プライベートなデータを守る「セ ...

MENU

back to top