microUSB向けqi専用アダプターを買ってみた

2013.11.23
qiアダプター

先日AKIBA PC Hotlineで紹介されていたmicroUSB向けqi専用アダプターを購入してみました。パソコンハウス東映で1980円。

qiアダプター

パッケージにはメーカー、型名等が一切ありません。なお、パソコンハウス東映が追加発注した際、同じものを指定したにもかかわらず、USBケーブル部が長いものが混じって来たそうです。そんなわけで、同じ値段でケーブルが少し長いタイプも売っています。

qiアダプター

本体。アンテナにUSBケーブルがくっついているシンプルな構造です。

qiアダプター

裏側というか表側。この面をqi充電器に向けないと充電ができませんでした。

qiアダプター

microUSB部は極小です。このコネクタだけ欲しいなぁ。

qiアダプター

HTC Oneに挿してみたところ。microUSBの向きが逆なので、そのままだとディスプレイ側にアンテナが出てきてしまいます。

qiアダプター

なので、むりやり反対側に折り返し、かつ充電可能な面を外側に向けるためケーブルをひねる必要があります。今回は適当にセロテープで止めただけですが、薄手のシリコンケースなどを使えばそのまま入りそうです。

qiアダプター

この状態で試したところ、ちゃんと充電が可能でした。

せっかくなので動画も撮影。動画では写っていませんが、出力が低いので充電に時間がかかるよというメッセージが出てきました。Outputが700mAのためだと思います。

qiアダプター

Kindle HD(旧版)でも試してみました。これはUSBの向きがあっており、ケーブルをねじったりすることなく素直に装着可能で充電もできました。ただ、充電中(qiの充電台に載せた状態)だとタッチパネルの挙動がおかしくなります。タッチパネルがqiの磁気で誤動作している様子。HTC Oneでは問題なかったのですが、金属筐体のおかげなんだろうか? スキミング防止などのために財布に入れる電波遮断シートみたいなのを使うと大丈夫になるかも。

本当はXperia Z1で使いたいところなのですが、防水端末はmicroUSBに蓋があるのが難点ですね。充電用端子に繋げられるといいのだけど……。

そんなわけでこのアンテナ、出力が700mAと低めですが、スマートフォンやタブレット以外でもmicroUSBで充電できる機器には使える可能性が高いです。アンテナをよく見るともう一回りくらい小さく出来る(切り取っても大丈夫そう)なので使い勝手は結構良さそうですよ。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top