Xiaomiが11月11日(光棍節、独身者の日)だけで380,000台のデバイスを販売したと発表

2013.11.12
Xiaomi Mi3

11月11日、中国では光棍節(独身者の日)という記念日なのですが、なぜかこの日は通販をするという習慣があり、ネット販売がかなり熱い日になるようです。米国のサイバーマンデーとはちょっと違う気もしますが、由来はなんなんでしょうかね?

そんな光棍節の昨日、中国のAppleことXiaomiは3分間でスマートフォンとセットトップボックスを合わせて380,000台のデバイスを販売したそうです。

内訳は、フラッグシップのMi3が110,000台、低価格なHongmiが110,000台、Mi2sが110,000台、セットアップボックスが50,000台とのこと。

Mi3は10月の発売時に1分26秒で10万台が完売、HongMiも2分で10万台を販売したと発表しています。

Xiaomiは、この「何秒で何万台を完売!」という発表をMi2のころから(もっと前から?)行っていますが、イマイチ信憑性は不明です。それでも売れていることは間違いなさそうですけど。

なお、Mi3のWCDMA版(Snapdragon 800版)は12月にリリース予定となっています。

(via Pocket-lint)
(source tech in asia)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Google、スマホの背面タッチパッドに関する特許を取得

便利なのかは微妙かもだけど、いろいろ新しいことを試みてほしい。

雑記

GPD Pocketのケースを製作、市販品はiPad mini用のものが使えるかも

厚みがあるので市販の7インチタブレット用ケースだとギリギリになるかも。

News >モバイル

Samsung、台湾向けGalaxy S8+に新色ローズピンクを追加

女性向けだとS8のほうが良さそうだけど、台湾も大画面が人気なのかな?

MENU

back to top