来年のiPhoneは4.7インチと5.5インチの2機種で湾曲したディスプレイを採用するという噂

2013.11.11
samsungflexible

次期iPhoneは4.7インチと5.5インチの2つのモデルになり曲面ディスプレイを採用する、という話をbloombergが伝えています。

新型iPhoneのデザインプランに近いという情報提供者の話では、次期iPhoneは縁が下側に湾曲したディスプレイを採用し、タッチの強弱を判別できる新しいセンサーを搭載するということです。デザイン的には以前、SamsungがフレキシブルディスプレイYOUMのコンセプトサンプルとして披露した上記のような感じになんでしょうかね?

発売時期は2014年のQ3ということです。

タッチの強弱が判別できるということは、要するに筆圧検知ができるということですよね。静電容量のタッチパネルと組み合わせてこれができるなら、用途がかなり広がりそうな気がします。

まぁ、次期iPhoneの噂は言ったもの勝ちというか、いろいろ言っとけば一つぐらい当たるだろうという有象無象の類が多いのでいまから気にする必要はないとは思います。

(via itmedia)
(source bloomberg)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top