PebbleがiOSに通知センターに対応 加速度計などのAPIを追加したSDK2.0も発表

2013.11.7
Pebble_iOS_Notifications

E-Inkディスプレイを採用し、最近のスマートウォッチブームの先駆けともなったPebbleがiOS7に対応したSDK2.0を発表しました。

広告

Pebble iOS Notifications from Pebble Technology on Vimeo.

SDK2.0ではiOSの通知センターに対応した他、新しいAPIも追加されています。

  • Javascriptの実行
  • 加速度計
  • データロギング
  • 記録の保持

これにより、リアルタイムで天気を取得したり、フィットネス系のアプリを作ったり、スマートフォンとの接続が切れたときにその記録を保持したり、ハイスコアなどをスマートフォン上に記憶したりといったことが可能になります。

また、このSDK2.0を使ったパートナーも発表されています。

b585a10ede284437972d568db0b4e117_large f18bfc835dce0a15a1ff7003d4259557_large

foursquareのチェックインやGoProのリモートコントロールが可能になるみたいですね。これらのアプリは年内に提供される予定です。

ますます充実して来た感のあるPebbleは、$150で販売中。日本への発送も可能です。

最近はSmartWatch2ばっかり使ってるけど、久しぶりにPebbleにしてみようかな。その前にPebbleを探しださないと……。

(source Pebble Blog)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Essential、今度はUX責任者が退職。1か月で3人の役員が退職したことに・・・

円満退職なのかもしれないけど、今後が不安になります。

Amazon、Summer Sale 第2弾を開催中、8月22日まで

購入時に割引になっているか要確認。

News >モバイル

Apple、iPod shuffleとiPod nanoの販売を終了。Touchのみ32/128GBモデルを継続

みんなスマートフォンで聴いてるし、仕方がないかなぁ。

back to top