カリフォルニア州でGoogle Glassを装着して車を運転していた女性が違反切符を切られたとのこと

2013.10.31
glass1

Google Glassについては、使用を禁止するバーが出てきたりしていますが、米国ではまだその使用を明確に制限する法律はありません。にもかかわらず、カリフォルニア州でGoogle Glassを装着して車を運転していた女性が違反切符を切られました。

広告
Ticket Google Glass

切符を切られたCecilia Abadieさんは、法的根拠があるのかとそれをGoogle+に投稿しています。Google+に寄せられたコメントによると、カリフォルニア州の乗り物に関する規制(Vehicle Code)の「V C Section 27602 Television」が根拠になっているのではないかということです。

これは「運転中に運転手の背もたれよりも前方でテレビやビデオなどのエンターテイメントやアプリケーションを提供するものを配置し操作してはいけない」というものです。同様の法律は日本でもあります(運転中にテレビを映してはいけないというやつ。形骸化している気がしますが……)。ただし、これには例外条項があり、カーナビなど運転を助けるものは使用しても良いことになっています。

Google Glassの場合どうなるのかが問題になりますが、既存の法律に合わせて考えるのは難しいですね。カーナビ的に使える反面、Youtubeなども視聴可能です。一定速度以上で移動中はナビ以外は使えないという規制も可能かもしれませんが、その人が運転しているとは限らないし。

日本だと運転中のGoogla Glassの装着は禁止というあたりに落ち着く気がしますが、アメリアだとどういういう感じになるんでしょうね。

(via Phandroid)
(source Google+)

タグ: ,

back to top