Galaxy Note 3には非公式アクセサリが利用できない認証システムが組み込まれているようです

2013.10.24
samsung logo

リージョンロックが話題になったSamsungのGalaxy Note 3ですが、周辺アクセサリについても認証チップを組み込んだ正規品でなければ使用できないという処置を行っているようです。

韓国ETNewsによると、Smasungは正規のアクセサリと認定パートナー製品に認証チップを組み込み、認証チップのないアクセサリでは、一部の機能が使用できないとのことです。

具体的に何が出来て何が出来ないのかということは不明ですが、この処置を実施する表向きの理由は信頼性とのこと。スマートフォンの周辺アクセサリも多機能化しており、粗悪品による動作不良の対応に苦慮しているそうです。ただ、どうやらアクセサリ市場で支配力を強めたいというのが本音のようです。

ハイエンドスマートフォン市場が飽和状態になりつつあり、Smasungでは付属するバッテリを2個から1個に減らしたり(以前の一部モデルでは予備バッテリが付いてました)、イヤフォンを付属品から外したりして、アクセサリー販売から利益を上げたいと考えているとのこと。

この動きに対して、アクセサリを製造しているサードパーティは反発を強めっているということですが、これは何もSamsungに限ったことではなく、Appleは以前から実施しています。

正規品を使って欲しいというメーカーの言い分は理解できますが、ユーザーが選択できる余地も残しておいてほしいなぁ。

(via リンゲルブルーメン)
(source ETNews)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top