自ら回転して移動するM-Blocks、MITが動画を公開

2013.10.5
Small_cubes_that_self-assemble_-_YouTube

MITが自ら転がって移動するモジュール式ロボット M-Blocksの動作の様子を公開しました。

広告

正方形のキューブの外側に可動部分はありませんが、内部に2万回転/分という高速回転するフライホイールがあり、その力で転がります。また各角部にマグネットが内蔵されており、M-Blocks同士でくっつくようにもなっています。

まるで生きているようですが、実際はリモコンで操作しています。ただ、将来的には自律的に動くようにしたいとのことです。

M-Blocks

動画だとサイズがわかりにくいですが、実際には結構大きい。これも小型化を進める方針なようです。各キューブにそれぞれ移動用、バッテリ用、カメラ用などの役割を持たせ、ゆくゆくは大量のキューブが連携し、自ら形を変えるロボットにしていきたいと考えているそうですよ。

これが自律的に動くようになったら、サイコロ作ってイカサマし放題なぁとか思ったけど、そういうことじゃないですね。

(via CNet)
(source MIT)

タグ: ,

back to top