auからGalaxy Note 3発表 Galaxy Gearと一緒に一足早くいじってきました

2013.10.2
au Galaxy Note 3

auからSamsungのGalaxy Note 3(SCL22)が発表になりましたが、実は先月末に「GALAXY アンバサダーイベント」があり、その場で一足早く弄らせて頂く機会がありました。発売前の機種ということでauの発表があるまでは口外厳禁ということでしたが、やっと書くことができます。

まずau版のGalaxy Note 3の主なスペックは下記。

型名 GALAXY Note3 SCL22
OS Android 4.3
ディスプレイ 5.7インチ 1920 x 1080 Super AMOLED
重さ 約171g
カメラ メイン:13MP フロント:2MP
バッテリ 3,200mAh
サイズ 約79 (W) ×151 (H) ×8.3 (D) mm
最厚部 約9.8mm
プロセッサ Snapdragon 800 2.3Ghz クアッドコア
RAM 3GB
ストレージ 32GB+microSDXC(最大64GB)
カラー クラシックホワイト、ジェットブラック
その他 ワンセグ、おサイフケータイ

外観上はauのロゴがあるのと、ワンセグ用のアンテナがある以外はグローバルモデルと同一です。ワンセグ対応の分、重さがグローバルモデル(168g)よりも重くなっています。

au Galaxy Note 3

背面のレザー調な仕上げもグローバル版と同じ。なお、この加工は後付でされているわけではなく、ステッチも含めてプラスチックの成形品です。すっかり写真を撮り忘れましたが、Felicaのアンテナはバッテリに組み込まれているタイプです。内部にはqi用と思われる端子も付いていました。おそらくはFelica(NFC)の使用を諦めれば、今後出てくるであろうqi用のオプションアンテナを組み込んでワイヤレス充電ができると思います。

au Galaxy Note 3

正面向かって右側に電源ボタン

au Galaxy Note 3

向かって左側にボリュームボタンというSamsungの伝統は健在。

au Galaxy Note 3

上面には3.5mmジャックと赤外線ポート。右端に見えるのがワンセグ用のアンテナです。

au Galaxy Note 3

底面にはmicroUSBのポートがあります。このmicroUSB、見慣れた形状ではありませんが、USB3.0規格のもので独自形状ではありません。通信速度がUSB2.0相当でよければ従来のmicroUSBも使えるはずです。

地味な改良点として、Sペンが向き(上下というか表裏というか)に関係なく挿せるようになっています。

au Galaxy Note 3

Androidは最新の4.3です。

au Galaxy Note 3

初代Galaxy Noteと比較。ディスプレイサイズはアップしていますが、全体にスリムになっています(上下方向には大きくなっています)。

Galaxy Gear

そしてGalaxy Gearもいじってきました。グローバルモデルでは6色発表されていましたが、auからはそのうち5色が販売されるそうです。

au Galaxy Note 3

とりあえず普通の時計とのサイズ比較。かなり大きいです。女性には厳しいかな?

au Galaxy Note 3

ベルトはこのような金具で止めます。普通の時計でもこのタイプの金具は売られていますね。やや硬い印象でしたが、使っているうちに多少は緩くなるのかも。

Galaxy Gear

カメラも付いていますが、日本だと盗撮だなんだとあらぬ嫌疑をかけられるかも。なお、撮影時のシャッター音はかなり大きいので盗撮は難しいでしょう。ビデオ(15秒撮影可能)のほうが音は小さめだった気がします。

au Galaxy Note 3

充電器。Galaxy Gearを挟み込んで使います。この充電器の背面にmicroUSBポートがあり、それで充電します。

Galaxy Gear

充電器の表面は、Galaxy Note 3の背面と同様のレザー調の仕上げです。

au Galaxy Note 3

Snapdragon 800にRAMが3GBということもあり、非常にキビキビと動いていました。手が小さめな私でも片手で楽に持てるサイズなので、おそらく女性でも問題なく片手で持てるでしょう。通話はiPhoneを使って、WEBや動画、電子書籍用にGalaxy Note 3を使うという2台持ちが使いやすそうです。

Galaxy Gearも日本語の音声メモ(自動的にテキストに変換もしてくれます)も使えるし、なかなか面白そうです。ただ、Gearのほうは値段がネックかなぁ?おそらく話題にはなるもののそれほど売れはしないのじゃないかと思います。

(source kddi)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top