SonyMobile、来年度の出荷台数は55%増の6,500万台を目標 Firefox OS採用機もリリース予定

2013.10.1
XperiaLogo_leftcol

今年はXperia ZやZR、Z ultra、そしてZ1と人気端末を立て続けにリリースしたSony Mobileですが、来年度は今年度の出荷台数(4,200万台)の55%増しとなる6,500万台の出荷を見込んでいるという話が韓国DigiTimesに載っています。

サプライチェーンの情報筋によると、FoxconnやFIHを含む台湾のOEM/ODMメーカーへの発注のため、Sony Mobileから情報が開示されたようです。

それによると、2014年度はSnapdragonを採用したハイエンドモデルだけなく、MediaTekを採用したミドルクラスのモデルも出す予定で、結果として出荷台数も増えるということのようです。

また、Firefox OSを採用した新興国向けのエントリーモデルも予定しているということですが、これがXperiaを冠するのはわかりません。

来年はXperia Z1 f(honami mini)のグローバルモデルも出るだろうし、しばらくは好業績が続きそうですね。できたら、4インチ未満のハイエンド端末も出してほしいのだけど。これを出せるのはSonyだけだと思うので、Xperia miniやRayの後継機種に期待したいです。

(via PhoneArena)
(source DigiTimes)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

GearBestでOnePlus 5の取り扱い開始。 6GBモデルが約57,000円~

気になるけど、決め手に欠ける感じ。

雑記

GPD Pocketに休止状態を追加する方法

何かしらの不具合があるかもしれないけど、今のところは問題なさそう。

News >モバイル

Google、スマホの背面タッチパッドに関する特許を取得

便利なのかは微妙かもだけど、いろいろ新しいことを試みてほしい。

雑記

GPD Pocketのケースを製作、市販品はiPad mini用のものが使えるかも

厚みがあるので市販の7インチタブレット用ケースだとギリギリになるかも。

News >モバイル

Samsung、台湾向けGalaxy S8+に新色ローズピンクを追加

女性向けだとS8のほうが良さそうだけど、台湾も大画面が人気なのかな?

MENU

back to top