新型Sony Reader、PRS-T3Sが国内発表 9,980円で10月4日発売 海外版と違いカバーは別売り

2013.9.24
PRS-T3S

海外では9月頭に発表されていたSonyの新型Reader、PRS-T3が国内でも発表されました。基本的に海外と同じ仕様ですが、海外版では標準装備になっていたカバーが別売りになり、型名もPRS-T3Sとなっています。

前機種(PRS-T2)との外観上の違いはサイズが少しだけ小さく、そして軽くなったこと。スペック面でいうと、ディスプレイは従来通り6インチですが、解像度が758×1024ピクセルにアップ(従来は600×800)しています。

また、E-Inkデバイスには付き物の画面を白黒反転させるリフレッシュがPRS-T2の最大15ページに1回から、最大約4時間に1回に低減されています。

内蔵メモリ2GBでmicroSDをサポート、無線をOFFで約2ヵ月という電池寿命などは従来通りです。

発売は10月4日でSonyストアでは予約を受付中。価格は9980円でカバーが2980円。LEDライト付きのカバーが4780円となっています。

(source Sony, Sonyストア)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top