Xperia Z1の中身について 機能を追加できるカメラアプリが楽しい

2013.9.21
xperiaz1_1

外観レビューに引き続き、中身のレビューです。といっても、中身は最近のXperiaと同じなのであまり新鮮味はないのですが。

バージョンとか

購入したのは英国版C6903。ビルド番号は14.1.G.1.518。インドで発売されているC6902にはOTAでアップデートが来たようですが、いまのところC6903には来ていません。

xperiaz1_2

日本語表示、日本語入力はデフォルトで対応しています。この辺も最近のXperiaグローバル端末と同じです。

とりあえずプリインストールされているアプリの一覧です。

Xperia LoungeやXperia Privilegeは、お得なチケットや無料トライアルのオファーなどが提供されるサービスですですが、日本国内では使えないですね。なお、Cloveで購入した場合(には限らないのだろうけど)無料のビデオやMusic unlimitedの60日間トライアルなどが提供されると案内されていますが、それらはこのPrivilegeを通じて提供されるため、日本では受け取れません。

Xperia Z1

Quadrantのスコアは21129。かなり高いスコアですね。体感的にもサクサク動きます。

特徴的なカメラ機能

Xperia Z1

やっぱりXperia Z1の一番の特徴というとカメラ機能でしょうか。ARやタイムシフト連写など様々な機能を利用でき、これらの機能は後から追加することが可能です。右上に「アプリ」というリンクがありますが、これを選ぶとインストール可能なアプリ一覧が出てきます。

Screenshot_2013-09-21-19-31-22
Screenshot_2013-09-21-19-31-29

こんなの。これらのアプリを選択するとGoogle Playの該当ページに飛びます。これらはアプリ単体でも利用できる他、Z1のカメラアプリに組み込まれて、簡単に切り替えることが出来るようなるわけです。ちなみに以前にインストールできる端末がないと紹介したMotiongraph for Xperiaも出てきます。やっぱりZ1用だったのですね。

3rdパーティのアプリもありますが、APIが公開されてるのかな?今後色々なアプリの追加が期待できそうです。

ダンシングDroid君

そんな追加アプリの1つ、FxGuru:Movie Fx Directorを使ってみました(このアプリはZ1専用ではなく、アプリ単体でも利用可能です)。

Screenshot_2013-09-21-19-37-41

標準で入っているARエフェクトの動画版という感じのアプリです。いろいろなエフェクトが用意されていますが、金色のものは有料(99円)です。試しに、無料で使えるDancing Droidを使ってみました。

Screenshot_2013-09-21-19-37-56

こんな感じでDroid君のフレームワークが出てくるで、指定秒数(Droid君は15秒、エフェクトによって時間も変わります)動画を撮影。あとは勝手にエフェクトを重ねて動画を作ってくれます。

出来たのがこれ。結構楽しいかも。

docomoから出る際にはおそらくdocomo専用のエフェクトアプリが追加されるのだろうと思いますが、このカメラだけで結構遊べそうな気がします。

そんなカメラの撮影サンプルはいずれまた。

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top