「Xperia Z1 タッチ&トライ」ブロガーミーティングに参加してきました

2013.9.13
Xperia Z1

先日のIFA2013で発表されたXperia Z1。日本での発売も決定しており、明日9月14日から銀座ソニービルでタッチ&トライが開催されますが、それに先立って本日開催されたブロガー向けタッチ&トライに参加してきました。

Xperia Z1

まず最初の15分でXperia Z1の製品プレゼンが行われました。

Xperia Z1は「Power Of Sony」ということで、Sony各部門(カメラ、テレビ(ディスプレイ)、メディアサービス、エンターテイメントなど)の力を集結して作った製品であることがアピールされていました。

なおXperia Z1という製品名は、Xperiaのフラッグシップを表す「Z」にZ1で実現した様々な1stを表しているとのことです。なので、これの後継機が出来てもXperia Z2にはならないんじゃないかな?

Xperia Z1

1番の売りはやっぱりカメラ機能。スマートフォンとして初めてコンデジ並のカメラ性能を備えたと誇っていました。なお、搭載されているGレンズ、1/2.3型のExmorRS for MobileはZ1用に新規設計されたとのことです。

Xperia Z1

で、写真撮影時のお勧めは「プレミアムオート」とのこと。ようするにカメラまかせの設定ですが、このとき、設定は8MPに固定されるとのこと(Z1は20.7MPのカメラを搭載)。理由として8MPあればA4印刷に十分耐えられる、5インチディスプレイで見るときも8MPあれば十分だからのことでしたが、であれば、最初から1/2.3型で8MP程度のセンサーにしたほうが画質的にも良かったのではないかと思います。やっぱり数字的なスペックが高く無いと売れないんですかね。

Xperia Z1

プレゼンの最後には「桃と梨で、ももとなし(おもてなし)。りんごはありません(キリッ」という落ちも。

Xperia Z1

プレゼンの後はタッチアンドトライ。かなりの台数が置いてあったので、ゆっくりと触ることができました。とりあえずNexus 4と比較。

サイズ的にはXperia Zよりも大きくなっているのですが、私としてはZとりもZ1のほうが持ちやすく感じました。デザインはほとんど一緒のはずですが、Zのときに感じた角があたって痛いという感じはありません。微妙に厚みが増したりしているのも関係があるかもしれませんね。

Xperia Z1

ディスプレイの品質が悪いかもという情報があったので、注意して見ていたのですが、特に気になるようなことはありませんでした。

Xperia Z1

視野角も広く、発色も非常に綺麗だと思います。

Xperia Z1

Androidのバージョンは4.2.2。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なお、展示されていたのはモデル番号C6903のグローバルモデル。

Xperia Z1

ちなみに技適は表示出来ませんでした。WiFi使ってたけど……きっとSonyビルの中だけだし、電波が漏れないような対策がなされているのでしょう:)

DSC-QX10

最近話題のDSC-QX10、QX100も触れる状態で展示されていました。

DSC-QX10

カメラに固定するクリップが普段は邪魔かなぁと思っていたのですが、使わない時はこんな感じで収納できるのですね。

DSC-QX10

使うときは足を広げます。ここはスプリングでパチっという感じで開きますが、うっかりすると壊しそうでちょっと怖い。

DSC-QX10

分離も可能。Xperia Z、Z1には装着用の専用カバーが用意されるので、それを使うときはアタッチメントを外します。

DSC-QX10

カメラ自体はXperiaじゃなくても使用可能です。専用アプリが必要ですが、アプリが入っていなければNFCでペアリングした際にGoogle Playが開きます。そんなわけで、Nexus 7(2013)と接続してみました。なお、Nexus 7は問題ありませんでしたが、Nexus 4ではなぜか接続できませんでした(NFCでペアリングは出来たけどその後、画像は表示できなかった)。たまたまかもしれないので、明日以降、ソニービルに行く人は是非試してみて下さい。

DSC-QX10

WiFiが飛び交っている状況だったからかもしれませんが、スマートフォン側で表示される画像は若干カクついたりすることもありました。ただ概ねリアルタイムでスムーズに表示されていました。

DSC-QX10

撮れた画像はこんな感じ。

SmartWatch2

SmartWatch2もありました。なかなか高級感があって良さそうです。

Xperia Z1

そんな感じであっという間の1時間30分でしたが、いいですわ、Xperia Z1。ちょっと大きすぎるかなと思っていて、確かに大きくはあるんだけど持ちにくいってこともないし。これはたぶん買っちゃいます。

タッチアンドトライは明日からソニービルで開催されるので興味がある人はぜひ触ってみてください。グローバルモデルなので、普段、アプリがインストールされまくっている国内端末しか触っていないという人にもお勧めです。クリーンな状態であればサクサクですよ。

タグ: , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top