気軽に完全な全天球イメージを撮影できるRICOH THETA発表

2013.9.7
RICOH_THETA

開催中のIFA2013でRICHOが手軽に360度の全天球イメージを撮影できるRICOH THETA(リコー シータ)を発表しました。

130905_1

スティック型の本体の前後に独自開発の超小型二眼屈曲光学系というわかりそうでわからないけどなんだか凄そうなレンズがあり、上下を含む完全な全天球イメージをボタンひとつで撮影出来るというものです。

撮影した写真はWiFi経由でスマートフォンやPCに転送可能。ただし、全天球イメージという通常ではないフォーマットのため、閲覧するには専用アプリが必要です。このアプリはiOS、PC、Mac用が用意されており、Androidは年内対応予定とのこと。

発売は10月で価格は$399(約40,000円)。日本での発売は未定ということですが、専用サイトも日本語でがっつりと作りこんであるので発売されるんじゃないかと思います。

(via マイナビニュース)
(source RICHO)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Android O Preview 4リリース、イースターエッグは「タコ」

ちょっぴりエンダーマンっぽい。

News >モバイル

インターネットの利用環境はスマートフォンが約半数、LINEが調査結果を発表

PCのほうが楽だと思うけどなぁという感想はおっさんだからか・・・

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

back to top