持ち歩き用コンパクトデジタルカメラの購入を検討中

2013.8.23
E-M5

以前から持ち歩き用にコンデジが欲しいと書いていましたが、ボチボチと調べてなんとなく固まってきたので備忘録代わりに書き留めておきます。

現在のカメラ

まず前提として現在使用しているカメラはOlympusの OM-D E-M5。レンズは12−50mm(f3.5-6.3)の標準ズームと14−150mm(f4-5.6)の望遠ズーム。その他奥さんのレンズですがpanasonicの20mm/f1.7があります。

普段子供さんの写真を撮るときは12mmなどの広角、机上でガジェットを撮るときは40mm〜45mmを使うことが多いです。45mm/f1.8か12-35mm/f2.8が欲しいなぁと思ったりもしています。

で、E-M5があるのになんでコンデジが欲しいのかというと、単に持ち運びの問題です。ミラーレスで小さいとはいえ、レンズがある分カバンに入れるのが辛い。そのためいつも持ち歩くというわけにはゆかないのです。

先日、engadgetの写真部に参加したときも、いしたにさんが「上達するにはとにかく撮りまくれ」と言っていたし、普段使いのカメラを持ち歩くのもいいということだったので、コンデジ探しと相成りました。

候補

とにかく持ち歩いて使うことが前提なので、画質とか気にせずとにかく小さいのを……っと思わなくもないのですが、どうせならいいのが欲しいじゃないですか。さすがに6万オーバーの高級コンデジとかは躊躇しますが、それ以下のクラスでそこそこのものを選びたい。

というわけで、素人ながらにあれこれ考えたのが下記の2機種。

PowerShot S110

まずCANONのPowerShot S110。S120が発表されたばかりですが、スペック的にはこれで十分な気がしています。型落ちで安くなるかもしれないし。価格コムでの評価も高いし、たぶん無難な選択です。

Olympus XZ-10

もう一つがOlympusのXZ-10。センサーも1/2.3型で小さく、正直、気にかけていなかったのですが、ネットで調べてみると評価はかなり高い様子。というわけで、がぜん気になる存在になっています。

この2つのスペックを比べるとこんな感じ。

仕様 PowerShot S110 XZ-10
センサー 1/1.7型CMOS 1/2.3型CMOS(裏面照射型)
有効画素数 1210万画素 1200万画素
焦点距離 24mm~120mm 26mm~130mm
F値 F2~F5.9 F1.8~F2.7
最短撮影距離 3cm(標準)
3cm(マクロ)
10cm(標準)
1cm(拡張マクロ)
液晶 3インチ
46.1万ドット
3インチ
92万ドット
手ぶれ補正 光学式 CMOSシフト方式
WiFI 搭載 非搭載(Eye-Fi対応)
サイズ 98.8x59x26.9 mm 102.4×61.1×34.3 mm
重さ 173 g 221 g

価格コムでの最安値はどちらも25,000円付近です。

XZ-10はセンサーは小さいですがレンズの明るさが魅力ですね。S110はWiFi搭載だしサイズもXZ-10より一回り小さいです。

Flickrなどで作例も見ているのですが、正直、あとは好みの問題かなぁと思わなくもない。

ん〜、どうしましょう。

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LINEモバイルにLINE MUSICもカウントフリーになる「MUSIC+プラン」が誕生

LINEモバイルに新プランとなる「MUSIC+プラン」が誕生しました。 LINE MUSICがカウントフリーになるMUSIC+ LINEモバイルではLINEアプリがカウントフリー、つまりデータ量を消費

Windows Helloに対応したセキュリティ認証デバイス「Yubikey」の使い勝手を試してみた

2016年9月にWindows Helloに対応したこともあり、昨年末あたりから海外サイトで何かと話題を目にするようになったYubikeyを購入してみました。 認証デバイス Yubikey Yubik

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記の通り。

BIGLOBE、2月1日から事務手数料に「SIMカード準備料 394円」を追加

Biglobeが2月1日申し込み分から、SIMカード準備料として394円(税別)が新たに発生すると発表しました。 【お知らせ】「BIGLOBE LTE・3G」SIMカード発行時の「SIMカード準備料」

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導入さ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

マクドナルドのFree WiFi(00_MCD-FREE_WIFI)でNetflixの無料動画を視聴してみた

2016年の10月からNetflixと提携し、一部店舗で試験的にNetflixのコンテンツが視聴できるようになっていたマクドナルドのFree WiFiですが、実は11月からはFree WiFiが導...

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobe、海外版のiPhoen SE販売開始 シャッター音が鳴るか鳴らないかは運次第?

Biglobeが海外版iPhone SEの販売を開始しています。 16GBモデルでカラーはゴールドのみとなっています。 BiglobeのiPhone SE 価格 価格はアシストパックLで下記...

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

世界最小級の紛失防止タグ「MAMORIO」 ユーザー数が増えると紛失時の発見率も上がる「クラウドトラッキング機能」を搭載

日本でも提供が開始されたスターアップの製品を扱うAmazon Launchpad。 関連:Amazon、スマートアップの製品のみを扱う特設ストア「Amazon Launchpad」を日本でも開始...

MENU

back to top