LGディスプレイ、5.5インチで2560×1440 538ppiのディスプレイを開発 2014年以降LG製スマートフォンに採用

2013.8.21
lgd-qhd-panel

LGディスプレイは5.5インチでHDディスプレイ(1280×720)の4倍の解像度を持つqHD(2560×1440)ディスプレイの開発に成功したと発表しました。

広告

5.5インチ 2560×1440のAH-IPS液晶で画素密度は538ppi。ディスプレイパネル自体の厚みは1.21mmと薄く、ベゼル幅も1.2mmを実現しています。

2014年以降、LG製スマートフォンに搭載する予定とのことです。

普通qHDといえばQuarter HD(960×540)のことだと思っていたけど、これからはQuadruple HDと区別しないとだめですね。ところでqHDでフルHD基準じゃなかったの?

それにしても、Retinaディスプレイ(326ppi)が登場したときは、これ以上は肉眼でピクセルを認識できないので差はでないという話だった気がしますが、もう538ppiですよ。

解像度があがるのはいいのだけど、一緒にディスプレイサイズも大きくなるのはなんとかしてほしいなぁ。4インチくらいでフルHDのディスプレイを作ってほしい。それこそ肉眼ではHDと区別がつかないとは思うけど。

(via engadget)

タグ: , ,
News >モバイル

Xiaomi、Android One搭載デバイスをインドネシアで発売?

もとのMi5XもROM書き替えでAndroid Oneになったりするのだろうか?

News >モバイル

自分を360度撮影できる? Insta360が8月28日に発表する新製品のティザーを公開

人混みの中では撮影できなさそう感はあるけど面白そう。

News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

back to top