USBキーボードをBluetoothに変換し、スマートフォンやタブレットで使用可能にする「EneBRICK」が支援募集中

2013.7.30
eb02

Cerevoは、USB接続のキーボードをBluetooth接続に変換し、iPhoneやAndroidで使用可能にする「EneBRICK」を発表しました。ただ発表したとはいえまだ開発中で、同社のクラウドファンディングサイト「Cerevo DASH」にて支援者を募っている段階です。

Bluetooth接続のキーボードはそれなりに色々と出回ってはいますが、鍵打感は物足りないものがほとんど。「HHKが使いたいんだ!」「メカニカル以外認めん!」というキーボードに一家言ある人には良さそうなデバイスです。

6000mAhのバッテリを内蔵しており、モバイルバッテリとしても利用可能。背面にキーボード/スマートフォン接続用のUSBポートx2と充電用のmicroUSBポートx1があります。

本体もスライド形状になっており、10インチまでのタブレットを立てかけて置けるとのこと。本体を置きつつ充電しながらキーボードも使えるとなると、キーボードマニアならずとも便利に使えそうですね。

目標額は1,400,000円。支援メニューとしては製品1台をもらえる限定150台の早期支援割引が9,999円、通常価格が11,800円。支援期間は残り30日となっています。

(via マイナビニュース)
(source Cerevo)

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

MENU

back to top