UbuntuとAndroidのデュアルブート スマートフォン業界のF1マシンを目指すUbuntu Edgeが出資募集中

2013.7.26
edge-1

Linuxの最大勢力 Ubuntuを主導しているCanonicalがクラウドファンディング超ハイエンドスマートフォンEdgeの出資を募集しています。

広告

出資募集の開始時には1台$600のプランが用意されていましたが、早々に売り切れ。その後は$830のプランのみとなっていましたが、あらたに$625~$820のプランも用意されました。といってもすでに$675までは売り切れで、現在一番安いのは$725のプランです。

Edgeは量産ベースには乗らない最新技術を使用した少数生産のハイエンドモデルを目指したプロジェクト。車業界でいうところのF1マシンを想定しています。

concepts-1

その時の最新技術を使用するため生産開始までハード使用は確定しないのですが、一応下記のようなことが決まっています。

  • Dual boot Ubuntu mobile OS and Android
  • Fully integrated Ubuntu desktop PC when docked
  • Fastest multi-core CPU, 4GB RAM, 128GB storage
  • Micro-SIM
  • 4.5in 1,280 x 720 HD sapphire crystal display
  • 8mp low-light rear camera, 2mp front camera
  • Dual-LTE, dual-band 802.11n Wi-Fi, Bluetooth 4, NFC
  • GPS, accelerometer, gyro, proximity sensor, compass, barometer
  • Stereo speakers with HD audio, dual-mic recording, Active Noise Cancellation
  • MHL connector, 3.5mm jack
  • Silicon-anode Li-Ion battery
  • 64 x 9 x 124mm

この仕様も変わるかもしれないということです。

量産には乗らないハイエンド機という真っ先にグリフォンを思い浮かべてしまいますが、まさにそんなイメージの端末なんでしょうね。

出資募集は8月21日まで。目標額は$32,000,000(約32億円)と本当に集まるのか疑問ですが、いまのところ$6,261,000(約6億円)以上が集まっています。

資金調達に成功した暁には2014年5月に端末が出荷される予定になっています。

(via engadget)
(source indiegogo)

タグ: ,

back to top