Galaxy S4の防水防塵モデル、Galaxy S4 Activeがやってきた

2013.7.13
Galaxy S4 Active

SamsungのGalaxy S4 Activeがやってきました。今回は英handtecで注文。本体£404.16、送料£24でトータル£428.16でした。

本当はDive Blueを狙っていたのですが、発売が延期になってしまったのでUrban Grayを購入です。

Galaxy S4 Activeは日本でも発売されているGalaxy S4を防水防塵にしたモデル。カメラが8MPになるなどの仕様変更がありますが、基本的にはほぼ同じものです。

Galaxy S4 Active

5インチ端末なので手にするとさすがに大きいですが、大きさの割には軽く感じます。実際にはHTC One(143g)よりも重い(153g)のですが、不思議とこちらのほうが軽く感じるのは材質のせいかもしれません(主にプラスチック。HTC Oneはアルミ)。

そんなわけでいつものように外観レビュー。

Galaxy S4 Active

まずパッケージですが、最近のGalaxy S4やGalaxy S4 miniと同じ感じです。木目調の紙で100%再生紙だそうですよ。

Galaxy S4 Active

内容物。英国版なのでACプラグはBFタイプです。あとはmicroUSBケーブルとイヤホン、替えのイヤーピース。

Galaxy S4 Active

本体。底部のボタン類が物理キーになっている以外はGalaxy S4と同等です。

Galaxy S4 active

背面。Galaxy S4は背面全体がカバーになっていますが、Activeは中央部分だけです。

Galaxy S4 Active

裏蓋にはハニカム状の模様がありますが、ただのプリントです。材質はプラスチックでちょっと安っぽい。上下にある色の違う部分はゴム状の滑り止め(シルク塗装)になっています。裏蓋全体をこれにすればよかったのに、コストダウン?四隅のリベットのような装飾(?)はおそらくネジ隠しだと思います。隅に小さい穴があるのでそこから引っ掛ければ外せそう。

Galaxy S4 Active

裏蓋を開けたところ。構成自体はGalaxy S4と同じようです。左上にqi用の端子もあります。

Galaxy S4 Active

ただ、裏蓋にmicroSDを抜け落ちないように出っ張りが付いているため、S4用のQi充電対応 内蔵アンテナをそのままでは使えなさそうです。裏蓋側の出っ張りを削ればいけると思いますが……どうするか。

Galaxy S4 Active

上面。S4と同じですね。赤外線ポートもあります。防水端末ですが、イヤホンジャックはキャップレス。

Galaxy S4 Active

底面。残念ながらmicroUSBはキャップレスではありません。

Galaxy S4 Active

本体向かって右側。電源ボタンのみです。

Galaxy S4 Active

向かって左側。ボリュームボタンがあります。

Galaxy S4 Active

ここからはいつものように大きさ比較。まずはiPhone 4。二回り以上違いますね。

Galaxy S4 Active

厚みはほぼ同じです(Activeは9.1mm、iPhone 4は9.3mm)。

Galaxy S4 Active

続いてNexus 4。Activeのほうが縦、横とも若干大きいです。

Galaxy S4 Active

厚みはどちらも同じ9.1mm。

Galaxy S4 Active

最後にHTC One。大きさはほぼ互角。Activeの上下が若干湾曲しているため、その分大きいかなという程度です。

Galaxy S4 Active

厚みはActiveのほうが薄いです(HTC Oneは9.3mm)。

長くなったので、これまたいつものように中身については別記事で。

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Amazon、Wiko Tommyの予約を開始 2月25日発売

2月25日に発売されるWikoの格安端末、Tommyの予約がAmazonでも始まりました。 関連:フランスメーカーWikoが日本参入 低価格モデルTommyを2月25日に発売 – Dream Seed

クアトロガッツの小さいふ「ポキート」の使い勝手が知りたかったので、作ってみた

モバイルプリンスの影響もあって、ずっと気になっていたクアトロガッツの小さいふ「ペケーニョ」。 → クアトロガッツ公式 しかしお札のたたみ方が変則的で、レビュー見ると、端っこが少し折れてしまうらしく「う

イオンモバイルが1周年記念キャンペーンを開始

イオンモバイルがサービス開始1周年を記念して、「ありがとう1周年キャンペーン」を開催しています。 イオンモバイル ありがとう1周年キャンペーン キャンペーン内容としては「抽選で基本料金最大1か月無料」

スマートフォンをPCのキーボードやタッチパッドとして使える「AnyTouch Blue」がKickstarterで出資募集中

スマートフォンをPCのマウスとして使うというものはこれまでもいつくかアプリがリリースされていますが、それらとはちょっと違う感じの製品「AnyTouch Blue」がKickstarterで出資募集中で

XiaomiのCEO、Mi MIXの次期モデルを開発中と公表

Xiaomiが2016年10月末に発表し、世間をあっと言わせたベゼルレス端末Mi MIX。 その後継機の開発(少なくとも検討)が行われていることが明らかになりました。 関連:Xiaomi、6.4インチ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

今更だけど、Xiaomi Mi Pad 2をレビュー メディアプレーヤーとしては良さそう

今更だけど、Xiaomi Mi Pad 2をレビュー メディアプレーヤーとしては良さそう

中国のECサイト、GearBestからXiaomi Mi Pad 2を提供頂きました。 Mi Pad 2にはWindows 10モデルもありますが、今回のはAndroid版、RAM2GB ROM1...

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

HUAWEI P9よりもおススメ! honor 8の詳細レビュー

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

クアトロガッツの小さいふ「ポキート」の使い勝手が知りたかったので、作ってみた

クアトロガッツの小さいふ「ポキート」の使い勝手が知りたかったので、作ってみた

モバイルプリンスの影響もあって、ずっと気になっていたクアトロガッツの小さいふ「ペケーニョ」。 → クアトロガッツ公式 しかしお札のたたみ方が変則的で、レビュー見ると、端っこが少し折れてしまうら...

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」どちらを買うか悩んでいる人のためスペックを比較

HUAWEI P9とP9 lite、どちらを購入するか悩んでいる人のために、スペック比較と選ぶためのポイントになりそうな箇所をピックアップしてみました。...

MENU

back to top