部分配信のRSSを全文配信に変えてくれるfullrss.net

2013.7.9
fullrss.net_RSSリーダー

Google Readerが終了して1週間ほど立ちました。利用者が少ないという理由で終了したGoogle Readerですが、今回の終了騒動によってRSSリーダの存在を意識し、新たにFeedlyなどを使い始めた人というのもいるのではないでしょうか。

個人的にRSSを利用する上で気になるのが、記事を部分的に配信にしているサイトです。RSSを更新通知として利用し、記事を読む際はサイトに来て欲しい、というのが部分配信をしている主な理由だと思いますが、できることならRSSリーダ上で全部読みたいというのが利用者側の本音ではないでしょうか。少なくとも私はそうです。

そんなときに役立つのが部分配信のRSSを全文配信に変換してくれるfullrss.netです(以前はそのまんま「まるごとRSS」という名称のサービスでしたが、最近はRSSリーダも始めたのですね)。随分前からあり、かなりメジャーなサービスなので利用している人も多いかと思いますが、今回のGoogle Reader騒動でRSSを使い始めた人の中には知らない人もいるかもしれないので一応紹介してみます(そんな人はまずこのサイトを見ていないでしょうけど……)。

fullrss.net_RSSリーダー-2 2

使い方は簡単。部分配信しているRSSのURLを入れて「Convert」を押すと、「http://fullrss.net」で始まるURLが帰っています。これをFeedlyなどのRSSリーダに登録すれば、RSSリーダ上で記事を全文読むことが可能です。ただ、Feedburnerなどのサービスを使っているRSSの場合は、そのままいれても全文配信になりません。そんなときは読みたいサイトのURLをそのまま入れてみたりしましょう。

デイリーポータルZ:ヘッドライン

例を挙げると、例えばデイリーポータルZオリジナルのRSSではタイトルと続く1行しか見れません。

fullrss.net_RSSリーダー 2

そこでfullrss.netでコンバート。

デイリーポータルZ:ヘッドライン_Full_Text_Feed

すると全文配信のRSSが得られます。これをFeedlyなどに登録。

デイリーポータルZ:ヘッドライン 2

すると画像も入った全文を読むことが出来るようになります。

PVが減ってしまったりするので全文配信を嫌がる人もいるかと思いますが、全文を受け取っていても気になる記事などはちゃんとサイトに行って読んだりします。前後の記事とかを参照することもあるし。なので、そこまで神経質にならなくても気楽に全文配信すればいいんじゃないかなぁとは思うのだけど、まぁ人によっては考え方はいろいろだからねぇ。ちなみにこのブログは全文配信をしています。

タグ: , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

雑記

GDP Pocket、軽い衝撃で再起動するときはバッテリコネクタが外れているかも

再起動に気が付いたときは焦ったけど、すぐに直せて良かった。

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top