GARMIN、スマートフォンと連携する車載HUDを発表 米国で今夏発売

2013.7.9
GARMIN HUD

ハンディGPSなどで有名な米GARMINがスマートフォンと連携する車載用HUD(Head-UP Display)を発表しました。

広告

フロントガラスに透明なシートを張り、そこに情報を投影する仕組みで、ドライバーは道路から目をそらすことなく各種情報が確認できる(ので安全に寄与する)としています。

情報はスマートフォンからBluetooth経由で取得。スマートフォン側にはiOS向けの「Garmin StreetPilot」あるいは「NAVIGON(iOS,Android,Windows Phone)」をインストールしておく必要があります。

Head-up_Display__HUD____Garmin

表示できる内容としては、進路方向、次に曲がるまでの距離、現在速度、制限速度、車線情報、交通状況、到着予想時刻など。

価格は$129.99(約13000円)、米国で今夏発売予定です。残念ながら対応するGarmin StreetPilot、NAVIGONが米国内向けなので購入したとしても日本では使用出来ません。がんばればGoogleマップとかを対応させれるのかもしれないけど……。

(via AndroidCentral)
(source Garmin, 製品ページ)

タグ: , , ,

back to top