barronsのアナリストが提言「Nokiaは手遅れになる前にAndroidを採用すべき」

2013.7.3
Nokia-Lumia-925

Bernstein Researchのアナリスト Pierre Ferraguはクライアントへのレポートの中で、「Nokiaは手遅れになる前にAndroidを採用したほうがいいかもしれない」と提言しました。

Ferraguによると、「Nokiaのネットキャッシュは€330億と言われているが、運転資金等を加味すると実際には若干マイナスになっているだろう」とのこと。

元記事ではIPポートフォリオやら貸借対照表といった投資家らしい(そして投資家サイトらしい)専門用語が続くのですが、結論としては、「Windows Phone戦略を続けるにしても、それは数年でNokiaの財務状況を改善できるものではなく、短期的にはNokiaは更に多くのキャッシュを必要とする。手遅れになる前にローエンドデバイスとしてAndroidを採用したほうがいいだろう(年末までにAndroid端末が登場しても驚かない)」としています。

実際のところ、Windows Phoneの現状はNokiaが支えていると言っても過言ではない状況が続いているので、Nokiaが危なくなればMicrosoftが何らかの救済を行うんじゃないかと思います。が、NokiaがこのままWindows Phone一辺倒を続ける必要もないとは思います。Ferraguのいうようにローエンドデバイス、たとえばAndroidを搭載したAshaとか出たらそこそこ売れるんじゃないかと思うんだけどなぁ。

(via Phonearena)
(source barrons)

タグ:

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

News >モバイル

AUKEY、USB-PDに対応したUSB Type-Cハブ 2機種を発売

GPD Pocketで使うならSD有りのCB-C59かなぁ。

News >モバイル

Porsche DesignのHUAWEI Smartwatchが欧州で販売開始、価格は約10万円

ファンなら高くても欲しいのでしょうかね。

back to top