Sony、Mediatek 1.2GHzクアッドコアを搭載したXperia Cを明日発表 価格は$320以下?

2013.6.24
Xperia

Sonyは明日から上海で開催されるMobile Asia Expo 2013で複数の端末を発表すると予想されていますが、そのうちの1つ、Xperia Cについての仕様がリークしています。

Xperia CはコードネームCN3と呼ばれていた端末です。チップセットに中国の端末で多く採用されているMediaTekの1.2GHzクアッドコアを採用しており、ディスプレイは5インチ。ただし解像度はqHD(540×960)。RAM1GB、ストレージは4GBでmicroSDもサポートします。背面カメラは8MP Exmor Rで本体の厚みは8.88mmと薄型になってい模様。Androidは4.2.2を搭載します。

ややエントリーよりのミドルクラスという感じですが大画面は欲しいけど解像度にはこだわらないという層にはいいのかもしれません。スペックが抑え気味なため価格もそれなりに安く出てくるのではないかと思います。Gizchinaの予想では2000人民元(約31,000円)を切るのではないかとのことです。ただ、中国市場向けの端末だと思うので、日本から購入するのは大変かもしれません。

明日はXperia C以外に6.44インチのXperia ZU(Z Ultra)、新型スマートウォッチも発表されると見られています。

(source Xperia Blog)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

Google、全天球ではない180度のVR動画フォーマット「VR180」を発表

VR動画、結局前しか見ないですしね。

News >モバイル

Android Oは「Oatmeal Cookie(オートミールクッキー)」? ソースコードなどに記述が見つかる

オートミールと言えばクエーカー。コラボしたりするのかな?

News >モバイル

公開から7年、Android Marketのサポートが6月30日に終了

さすがにもう使っている人はいないんじゃないかとは思う。

MENU

back to top