adsense

Adsenseのガイドラインが変更 ポリシーに反しない範囲でコード改変がOKになりました

2013.6.7 (更新日:2016.03.02)
adsense

これまでAdsenseのコードはいかなる場合でも改変は厳禁とされていましたが、このほどガイドラインが変更になり、コードの改変が認められるようになりました。

Inside Adsense – 日本語: ウェブの技術進化に対応するために広告コードの変更が可能になりました

もちろん無条件というわけではなく、下記のようになっています。

広告のパフォーマンスを作為的に高めたり、広告主様に損害を与えたりするものでない限り、Google の利用規約とプログラム ポリシーに沿った形で AdSense 広告コードを変更できます。

これだけど具体的に何が出来るようになったのかさっぱりわかりませんが、例として以下があげられています。

  • レスポンシブ ・ウェブデザイン: ウェブページを 1 つ作成するだけで、ユーザーの使用するデバイスに応じて(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)、最適なページを表示できます。
  • A/B テスト: 1 つのページについて複数の広告パターンを作成してテスト掲載することで、各パターンでのユーザー行動を比較し、最も効果的なものを特定できます。
  • 動的なカスタム チャネルの設定: ユーザー セグメントやサイトのセクション、ユーザー行動などについて、掲載結果をトラッキングし、データを基に広告のパフォーマンスやユーザー エクスペリエンスを改善できます。
  • 広告タグの削減: 転送されるデータ量を減らすことで、サイトの読み込み速度を改善できます。

「動的なカスタムチャンネルの設定」がよくわかりませんが、レスポンシブデザインの対応はありがたいですね。

具体的には以下の様なコードにすることでブラウザの横幅に応じて広告を変更することが可能です(このコードはAdsenseのヘルプページに記載があります)。

<script type="text/javascript">
    google_ad_client = "ca-publisher-id";
    width = document.documentElement.clientWidth;
    google_ad_slot = "1234567890";
    google_ad_width = 320;
    google_ad_height = 50;
        if (width > 500) {
        google_ad_slot = "3456789012";
        google_ad_width = 468;
        google_ad_height = 60;
    }
    if (width > 800) {
        google_ad_slot = "2345678901";
        google_ad_width = 728;
       google_ad_height = 90;
    }

</script>
<script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

これを切望していた人も多いんじゃないでしょうか。私もその一人ですが、この対応の前にレスポンシブデザインをやめてしまいました(Adsenseが原因の1つです)。またレスポンシブデザインに戻そうかなぁ。

今回、コードの改変が認められるようになりましたが、以下の改変は明確に禁止されているので注意してください。

  • 広告ユニットを隠す(display:none など)
  • コンテンツを覆い隠すような方法で AdSense 広告コードを設定する
  • 何らかの方法で 1 ページに 4 つ以上の AdSense 広告ユニットを表示する
  • 非表示キーワード、iframe、その他の方法を使用して広告表示を操作する
  • メールやソフトウェアで広告を配信する
  • 広告ユニットをフロート表示させ、ユーザーの注意を不当に引き付ける

これまで「display:none」についてはグレーゾーンだったと思いますが、今回明確に禁止されてしまいました。これやってるサイトは結構多いと思うのですぐに修正したほうがいいでしょう。また、「広告ユニットのフロート表示」ですが、例えばスクロールしても広告だけ追従して固定位置に表示されるようなものです。大手サイトでは導入されていたりしますが、あれは特別な契約により認められているそうなので一般サイトではNGとなります。

今回のガイドライン変更によってかなり柔軟性が出てきたと思いますが、うっかりするとガイドライン違反、ポリシー違反をする可能性が高まったとも言えるかも。私も気をつけよう……。

(link: Adsense公式ブログ)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この世界の片隅に

「この世界の片隅に」原作コミックがAmazonでポイント44%還元中

Amazonで「この世界の片隅に」の第1巻がポイント44%、第2巻、3巻が21%とお安くなっています。 今絶対に観るべき作品「この世界の片隅に」 公開中の映画、「この世界の片隅に」を観てきました。 普

TONE m15

TONEモバイルのスマートフォン、TONE m15をレビュー 子供に持たせるにはちょうどいいかも

名前だけは知っていたものの、個人的にはかなり未知のMVNOサービスだったTSUTAYAのスマホ「TONE」。 今回、リンクシェア経由で端末をお借りして初めて弄ってみました。 決してハイスペックな端末で

楽天モバイル

楽天モバイル、楽天スーパーSALEでZenFone 3 Ultraを32,800円で販売

12月3日(土)19時から楽天スーパーSALEが開催されますが、このセール期間中、楽天モバイルが12月9日に発売予定のZenFone 3 Ultraを数量限定で約半額の32,800円(税込)で販売しま

sim360

世界105か国以上でテキストメッセージサービスが使える海外ローミングSIM、「Sim360」レビュー

indiegogoで出資していた、世界105か国以上でテキストメッセージが使い放題になるという「sim360」が届きました。 関連:世界105か国でテキストメッセージが使い放題、着信無料の「Sim 3

nuro mobile

nuroモバイル、データ通信料から5ヵ月間700円を割り引くキャンペーンを開始 2GBプランなら実質無料

So-netモバイルLTEあらためnuroモバイルが、新規契約者に対して毎月700円を5か月間割り引くというキャンペーンを開始しました。 関連:So-net モバイル LTEあらため、「nuroモバイ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー 5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感

HUAWEIの最新モデル、HUAWEI Mate 9を購入したので早速レビューです。 まだ1ShopmobileやExpansys、GearBestなどのECサイトには入荷していなかったので、今回...

楽天モバイル、楽天スーパーSALEでZenFone 3 Ultraを32,800円で販売

楽天モバイル、楽天スーパーSALEでZenFone 3 Ultraを32,800円で販売

12月3日(土)19時から楽天スーパーSALEが開催されますが、このセール期間中、楽天モバイルが12月9日に発売予定のZenFone 3 Ultraを数量限定で約半額の32,800円(税込)で販売...

海外版の5.5インチZenFone 3、ZE552KLをレビュー 日本版の5.5インチとは仕様が違います

海外版の5.5インチZenFone 3、ZE552KLをレビュー 日本版の5.5インチとは仕様が違います

中国のECサイト GearBestから5.5インチ版のZenFone 3 ZE552KLを提供していただいたので、さっそくレビューしたいと思います。 なお、5.2インチ版 ZE520KLは下記で...

MENU

back to top