Adsenseのガイドラインが変更 ポリシーに反しない範囲でコード改変がOKになりました

2013.6.7 (更新日:2016.03.02)
adsense

これまでAdsenseのコードはいかなる場合でも改変は厳禁とされていましたが、このほどガイドラインが変更になり、コードの改変が認められるようになりました。

Inside Adsense – 日本語: ウェブの技術進化に対応するために広告コードの変更が可能になりました

もちろん無条件というわけではなく、下記のようになっています。

広告のパフォーマンスを作為的に高めたり、広告主様に損害を与えたりするものでない限り、Google の利用規約とプログラム ポリシーに沿った形で AdSense 広告コードを変更できます。

これだけど具体的に何が出来るようになったのかさっぱりわかりませんが、例として以下があげられています。

  • レスポンシブ ・ウェブデザイン: ウェブページを 1 つ作成するだけで、ユーザーの使用するデバイスに応じて(パソコン、スマートフォン、タブレットなど)、最適なページを表示できます。
  • A/B テスト: 1 つのページについて複数の広告パターンを作成してテスト掲載することで、各パターンでのユーザー行動を比較し、最も効果的なものを特定できます。
  • 動的なカスタム チャネルの設定: ユーザー セグメントやサイトのセクション、ユーザー行動などについて、掲載結果をトラッキングし、データを基に広告のパフォーマンスやユーザー エクスペリエンスを改善できます。
  • 広告タグの削減: 転送されるデータ量を減らすことで、サイトの読み込み速度を改善できます。

「動的なカスタムチャンネルの設定」がよくわかりませんが、レスポンシブデザインの対応はありがたいですね。

具体的には以下の様なコードにすることでブラウザの横幅に応じて広告を変更することが可能です(このコードはAdsenseのヘルプページに記載があります)。

<script type="text/javascript">
    google_ad_client = "ca-publisher-id";
    width = document.documentElement.clientWidth;
    google_ad_slot = "1234567890";
    google_ad_width = 320;
    google_ad_height = 50;
        if (width > 500) {
        google_ad_slot = "3456789012";
        google_ad_width = 468;
        google_ad_height = 60;
    }
    if (width > 800) {
        google_ad_slot = "2345678901";
        google_ad_width = 728;
       google_ad_height = 90;
    }

</script>
<script type="text/javascript" src="http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js">
</script>

これを切望していた人も多いんじゃないでしょうか。私もその一人ですが、この対応の前にレスポンシブデザインをやめてしまいました(Adsenseが原因の1つです)。またレスポンシブデザインに戻そうかなぁ。

今回、コードの改変が認められるようになりましたが、以下の改変は明確に禁止されているので注意してください。

  • 広告ユニットを隠す(display:none など)
  • コンテンツを覆い隠すような方法で AdSense 広告コードを設定する
  • 何らかの方法で 1 ページに 4 つ以上の AdSense 広告ユニットを表示する
  • 非表示キーワード、iframe、その他の方法を使用して広告表示を操作する
  • メールやソフトウェアで広告を配信する
  • 広告ユニットをフロート表示させ、ユーザーの注意を不当に引き付ける

これまで「display:none」についてはグレーゾーンだったと思いますが、今回明確に禁止されてしまいました。これやってるサイトは結構多いと思うのですぐに修正したほうがいいでしょう。また、「広告ユニットのフロート表示」ですが、例えばスクロールしても広告だけ追従して固定位置に表示されるようなものです。大手サイトでは導入されていたりしますが、あれは特別な契約により認められているそうなので一般サイトではNGとなります。

今回のガイドライン変更によってかなり柔軟性が出てきたと思いますが、うっかりするとガイドライン違反、ポリシー違反をする可能性が高まったとも言えるかも。私も気をつけよう……。

(link: Adsense公式ブログ)

タグ: ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイント

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

Red以外も欲しい? iPhoneを好きなカラーに塗装できる「あいりぺColor」が間もなくサービス開始

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)REDが発売になり、話題になっていますが、もっと他の色も欲しいと思っている人もいるかもしれません。そんな人の要望を叶えてくれる、iPhoneのペイ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

MENU

back to top