Cheero Power Plus ダンボーバージョンがやってきた

2013.6.7 (更新日:2016.03.02)
Cheero Power Plus

6月4日にAmazonで販売開始され、速攻で売り切れてしまったCheero Power Plusのダンボーバージョンが届きました。

オリジナルのCheero Power Plusは容量10,000mAhでON/OFFスイッチが付いていたり、付属のケーブルが充実したりしていましたが既に生産終了し、後継のPower Plus 2が発売されています。今回のダンボーバージョンは外観こそ初代のPower Plusと同様になっていますが、スペック的にはPower Plus 2と同じで容量10,400mAhとなっています(ON/OFFスイッチもなし)。

Cheero Power Plus

付属品です。専用ポーチとmicroUSBケーブルのみとシンプル。

Cheero Power Plus

専用ポーチもダンボーバージョン用になっており、麻袋にダンボーの顔がプリントされています。

Cheero Power Plus

本体は残量を示すインジゲータが光りますが、残念ながら目は光りません。

Cheero Power Plus

本体サイズをiPhone 4と比較。

Chero Power Plus

厚みはiPhone 4の2倍強あります。重さも258gあるのでかなりずっしりと感じます。

Cheero Power Plus

出力は1Aと2.1Aの2つ。両方を同時に使い、2台同時充電も可能です。本体充電用の入力はmicroUSB。

実際にスマートフォンを何回くらい充電できるのか計算

このCheero Power Plus ダンボーバージョン、バッテリ容量が10,400mAhでiPhoneなどのスマートフォンを約5回充電可能ということを謳っていますが、本当かどうかiPhone 5(1434mAh)でちょっと計算してみました。

容量は10,400mAhですが電力量では38.48Wh(本体に記載あり)です。

iPhone 5のほうは、3.7V、1,434mAhなので

3.7(v) × 1.434(Ah) ≒ 5.3(Wh)

充電時のロスを考慮(この分が発熱して現れる)して、効率0.8とすると

0.8 × (38.48 ÷ 5.3) ≒ 5.8

なので、iPhone 5なら約5.8回充電出来そうです。

もう少しサイズの大きなGalaxy S4(3.8V 2600mAh 9.88Wh)の場合だと、

0.8 × (38.48 ÷ 9.88) ≒ 3.1

という感じで約3回分ですね。

一般的な1700mAhで3.7V(6.26Wh)くらいの機器だと

0.8 × (38.48 ÷ 6.26) ≒ 4.9

で約5回分になります。

効率0.8というのはかなりざっくりした値だし、充電される端末のバッテリがヘタってくると効率は更に悪くなるので、実際に試してみるのが1番でしょうね。

次回のチャンスは?

さて、すでに完売してしまったダンボーバージョンですが、6月中旬に再度販売されるとのことです。一節によると21日説が有力みたいですね。予約受付していないので、気になる方はこまめにチェックすることをオススメします。

(link: Cheero)

タグ: , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒を購入 三脚としてもそれなりに使えそう

以前に紹介したXiaomiの自撮り棒をGearBestで購入してみました。 関連:Xiaomiの三脚にもなる自撮り棒がGearBestで販売中 – Dream Seed 自撮り棒自体は割と普通。プラス

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作りガジ

楽天モバイル、ハイレゾスマホGRANBEATと同時契約で月額基本料3か月無料キャンペーン

楽天モバイルがオンキヨーのハイレゾスマホGRANBEATをSIM契約と同時に購入すると、月額基本料が3か月無料になるというキャンペーンを実施しています。 GRANBEAT同時購入で事務手数料+月額基本

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1はコスト

Amazon、プライムビデオの視聴でビデオレンタルや購入で使える200円クーポンをプレゼントするキャンペーンを実施中

Amazonでプライムビデオを観るとビデオレンタルや購入で使える200円のクーポンがもらえるというキャンペーンを実施しています。 プライム・ビデオ視聴でAmazonビデオで使える200円クーポンプレゼ

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

手作りスライドQWERTY端末 ZERO Terminal 意外と実用性はありそう

最近何かとQWERTYデバイスが話題に上がりますが、今回紹介するZero Terminalもなかなかのものです。 とてもコンパクトで心惹かれるものがありますが、製品ではなくDIYで制作された手作...

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

HUAWEI nova liteの安いけどおススメのケース ケースで迷ってたらとりあえず買って損はしない

現在一押しのミドルクラス端末、HUAWEI nova liteのケースを購入してみました。 買ったのは、NILLKINというブランドのケース。 ...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQ、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売、明るさ300lm コントラスト比は100,000:1

BenQが、コストコ専売でモバイルプロジェクタ「GS1」を発売します。価格は50,000円前後になるようです。 最近、各社からリリースが相次いでいるモバイルプロジェクタですが、BenQのGS1は...

MENU

back to top