ブライドル・レザーのベルトを作ってみた

2013.6.3
ベルト

レザークラフトを初めてもう随分経ちますが。はじめてベルトを作ってみました。使用した革はブライドル・レザー。こんなベルトでも市販品だと1万円くらいするのですね。

ベルト

作ったといっても今回はだいぶ手抜きです。まずベルトですが、ベルト用として売られているものを購入しました。幅30mm、長さ1200mmで3,060円。ベルトに使うサル革(バックルのすぐ横に付いているベルトを通すループ部分)もおまけで付いてきましたが、今回は未使用。

ベルト

バックルはこれまで使っていたベルトのものをそのまま流用。バックルだけ外して縫いこんでも良かったのですが、使っていたのが頭が外れてベルトの長さ調整が出来るようになっているものだったので、そのまま使用しました。

ベルト

ベルトの剣先(先っぽの部分)はそれっぽく加工。カットして整えただけですが。

その後、コバを磨いた後にベルト穴を開けて完成です。穴は自分しか使わないので普通の位置とちょっとゆるめの位置の2箇所だけ。全体で所要時間30分程です。

材料費がバックルを入れれば3,000円以上となるので市販品の価格が1万円を超えるのも仕方がなないかという感じですね。ただ、この程度なら自作も難しくないのでレザークラフトの入門用にチャレンジしてみてもいい気がします。バックルも今回使ったような取り外せるもの(これの名前がわからないし、単品売りしているのも見つけられていませんが)が用意出来れば縫いもないので非常にお手軽です。道具もカッターと穴あけ用のハトメ抜き(出来れば楕円抜き)だけあればOKです。

タグ: ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >モバイル

Lenovo、折りたためるタブレットLenovo Folioのコンセプトモデルを披露

昨年に続き2回目の披露。だいぶ完成に近づいた?

雑記

乾燥材の代わりに、珪藻土でできた湿気を吸い取るスプーンを購入

乾燥剤を入れるよりも邪魔にならなくて良さそう

News >モバイル

AUKEY、USB-PDに対応したUSB Type-Cハブ 2機種を発売

GPD Pocketで使うならSD有りのCB-C59かなぁ。

News >モバイル

Porsche DesignのHUAWEI Smartwatchが欧州で販売開始、価格は約10万円

ファンなら高くても欲しいのでしょうかね。

back to top