弱者からの搾取をしない公正公平な端末を目指すFairPhone

2013.5.30
FairPhone

Wiredに「FairPhone」という端末についての記事がありました。

広告

iPhoneを製造する中国フォックスコンの工場の労働環境が劣悪で自殺者も出ているという話は度々話題にあがりますが、Appleに限らずどこのスマートフォンメーカーも似たような状況で、高価なハイエンドスマートフォンを組み立てているのは低賃金の未成年なんて話も伝わってきます。

そんな現状を憂い、なんとかしようというプロジェクトが「FairPhone」です。

設計、原材料の調達から、組み立て、販売まですべてをオープンにし、社会的弱者を低賃金で働かせるようなことがないよう、あらゆる面で公平公正な端末を目指しているようです。

主なスペックは下記。

  • OS:Android 4.2 (カスタムUI搭載)
  • プロセッサ:Mediatek 6589 1.2 Ghz クアッドコア
  • RAM:1GB
  • ディスプレイ:4.3インチ Dragontrail Glass
  • 解像度: qHD(960×540)
  • ストレージ:16GB + microSD(最大32GB)
  • サイズ:123 x 64.5 x 9.8mm
  • 重さ:165 g
  • カメラ:8MP/1.3MP
  • バッテリ:2000mAh(取り外し可能)
  • Dual SIM
  • GSM850/900/1800/1900MHz WCDMA 900/2100MHz

スペック的にはハイエンドではありませんが、決して低いわけでもないですね。ただサイズの割に重いのはなんでだろう?

Fairphone: Buy a phone, start a movement from Fairphone on Vimeo.

価格はVat込みで€325(約43,000円)(Vat抜きで€268,60、約35,000円)。残念ながら日本への発送は行っていないようです。受注性で受注が5000台を超えてから生産開始。発売は秋を予定しているとのことです。

スペックから考えるとやや高いかな?という気もしますが、端末の性質を考えると仕方がないですね。もっとも、「高い」けれど「仕方がない」と考えてしまう消費者の思考こそを変えていかなければいけないのでしょうね。

(via wired)
(source FairPhone)

タグ: ,
News >モバイル

Xiaomi、Android One搭載デバイスをインドネシアで発売?

もとのMi5XもROM書き替えでAndroid Oneになったりするのだろうか?

News >モバイル

自分を360度撮影できる? Insta360が8月28日に発表する新製品のティザーを公開

人混みの中では撮影できなさそう感はあるけど面白そう。

News >モバイル

ExpansysでZenFone 4、ZenFone 4 Pro Selfieの仮注文受付開始

日本での発表はいつ頃ですかね。

back to top