ブログ記事をツイートしたときに概要を表示できるTwitter Cardsに対応する方法

2013.5.29 (更新日:2016.03.02)
twitter cards

たぶんTwitter経由だった思うのですが、こちらのブログでTwitter Cardsなるものを知りました。

【ツイートした時にブログの概要などを表示させよう】自分のサイトをTwitterCards(ツイッターカード)に対応する方法

そういえばちょっと前に話題になってたなぁという気もしますが、あまり気にしてはいませんでした。ただ、今回あらためてちゃんと調べたら、設定しておいて損はないというかメリットしかないという気がするので設定してみることにしましたよ。

Twitter Cardsが何者かというと、自サイトに設置したTweetボタンなどからURL付きのTweetをした場合に下図のように「概要を表示」というリンクが表示されるようになります。

twitter cards

これをクリックするとトップの画像のようにそのURLの記事の要約が表示されます。FacebookやGoogle+へシェアした場合と同じような表示です。

いちいちURL先を確認しなくても内容が確認できるため、RTやクリック率の増加が見込めそうですね。

プラグイン「Twitter Cards」のインストール

設定方法は先のリンクに書いてあるとおりなのですが、Wordpressの場合はプラグインでもっと簡単に設定が可能です。

WordPressのプラグイン「Twitter Cards」をインストールします。

このプラグイン自体に設定画面はなく、特になにもすることなく動作します(表示形式を変えたい場合はfunction.phpで設定にコードを追加して設定します(後述))。

Twitter Cardsの利用を申請する

https://dev.twitter.com/docs/cards/validation/validator」から申請を行います。

twitter cards

「Validate & Apply」のタブを選び、自サイトの適当な記事のURLを入れて「Go!」を押すと上記のような表示になります。

右側にTwitter Cardsのプレビューが表示されます。ちなみに、Cardの種類にはデフォルトの「Summary」の他にもいくつかあります。

twitter cards

ブログで使用するなら「Summary」か「Summary_Large_Image」でしょうかね。デフォルトの「Summary」以外にしたい場合はWordpressテーマのfunction.phpに以下のコードを追加します。

function twitter_custom( $twitter_card ) {
    if ( is_array( $twitter_card ) ) {
        $twitter_card['card'] = 'summary';
    }
    return $twitter_card;
}

add_filter( 'twitter_cards_properties', 'twitter_custom' );

この中の「summary」の部分を設定したい名前に書き換えて下さい(名称は先程の申請画面の「Try Card」タブで「Choose card」ボタンを押して選ぶとわかります)。設定後、再度上記のリンクでプレビューさせれば、ちゃんとできていれば表示が変わるはずです。

twitter cards

Summary Large Imageを設定するとこんな感じになります。

問題なければ、左上「Request Approval」を押して申請画面に移ります。

twitter cards

必要な項目は大体自動入力されています。手動で入れなければいけないのは、

  • Website Description:サイトの説明
  • Website Twitter Username:Twitterのユーザー名

の2つですね。うちの場合は、

  • Website Description:This site treats a mobile gadget mainly.
  • Website Twitter Username:@dreamseed

としました。

最後に「Request Approval」を押せば終了です。以前は承認されるまで数日待つ必要があったようですが、今はすぐに承認した旨のメールが返ってきます。

実際にどの程度の効果が見込めるのかは不明ですが、Wordpressの場合は簡単に設定ができるので利用しない手はないでしょう。これで多少なりともフォロワーの増加やブログへの流入が増えると嬉しいのだけれど……。

タグ: , , , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

1月27日発売のFREETEL RAIJIN(雷神)、Amazonで約3,000円安く予約受付中

FREETELの最新機種、RAIJIN(雷神)が1月27日(金)に発売となります。 大容量バッテリを搭載したFREETEL RAIJIN(雷神) 5.5インチの大画面にバッテリは5,000mAhという

FREETEL、299円の全プラン対応パックに3か月間データ容量が増量されるAmazonプライム会員限定プランを提供中 ただし価格は322円

最近、ドコモからの費用増に伴い、初期費用の値上げが行われているMVNO(格安SIM)ですが、そんな中でもダントツに安い初期費用299円で提供しているFREETELの全プラン対応パック。 その全プラン対

Google Play Service 10.2でAndroidのテザリングが便利になる「Instant Tethering」という新機能が追加

Android 7.1.1とGoogle Play Service 10.2で「Instant Tethering」という新しい機能が利用可能になるようです。 通常、Androidのテザリングではホス

米Amazon、Dush Buttonを押すたびに異なるお菓子の詰め合わせが届く「Prime Surprise Sweets」を提供中

オンライン版のDush Buttonをリリースした米Amazonですが、物理的なDash Button(ややこしい・・・)を使い、ボタンを押すたびに毎回異なるお菓子の詰め合わせが送付されてくる「Pri

GPD WINの保護シートや干渉防止ゴムの自作など、使いやすくするためにやったこと

最近ゲーム設定の話しか書いていない気がするGPD WINですが、もちろんゲーム以外でも活用していて外出時にはPC(Surface Pro 3)は持ち歩かずにGPD WINだけで済ませることが多くなって

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

honor 8の詳細レビュー HUAWEI P9やZenfone 3と比較してみました

上位機種のHUAWEI P9と同等のスペックを持つhonor 8の詳細レビュー。HUAWEI P9やASUS ZenFone 3と比較しながら紹介します。...

米Amazon、定価が$869のGoogle Pixel XL 128GBモデルを$1,510で販売中

米Amazon、定価が$869のGoogle Pixel XL 128GBモデルを$1,510で販売中

米AmazonがGoogle Pixel XL 128GBに$1510.08という価格を付けて海外サイトで話題になっています。 昨年10月に発売となったGoogleのPixel/Pixel XL...

Google Play Service 10.2でAndroidのテザリングが便利になる「Instant Tethering」という新機能が追加

Google Play Service 10.2でAndroidのテザリングが便利になる「Instant Tethering」という新機能が追加

Android 7.1.1とGoogle Play Service 10.2で「Instant Tethering」という新しい機能が利用可能になるようです。 通常、Androidのテザリングで...

DELL、13インチとしては世界最小のXPS 13 2-in-1を発表

DELL、13インチとしては世界最小のXPS 13 2-in-1を発表

DELLが13インチ 2-in-1なノートPCとしては世界最小となるXPS13 2-in-1を国内で発表し発売を開始しました。 20日の夜にアフィリエイター向けの製品発表会があり、それに参加して...

MENU

back to top