普段使いのカバンをカメラバッグに変身させられるエツミのインナーボックスを買ってみた

2013.5.15 (更新日:2013.05.26)
インナークッション

これまでカメラを持ち運ぶときはパパスショルダーにタオルを敷いて放り込んでいたのですが、カバン越しに体にゴツゴツ当たって痛いし、とっさに取り出せないし、カメラにも悪いんだろうなとは思っていました。しかしこれといって気に入るカメラバッグもないし、そもそもカメラバッグって大概おっさんくさいというか如何にもカメラが入っていますという感じで好きにはなれませんでした(持つのはおっさんなのでその点はまぁ妥協してもいいのですが)。

広告

しかし、何気なくAmazonを見ていたらこれを見つけたので購入してみました。エツミ インナーボックス モジュールクッションボックスDです。

インナークッション

何者かというとカメラバッグの中身だけを取り出したようなものです。巾着式になっており、中にマジックテープで移動できる間仕切りが付いています。

インナークッション

E-M5を入れるとこんな感じ。セットレンズの12-50mmを付けて、替えレンズを入れても余裕があります。ブロワー、予備バッテリーを入れても余りそうです。もう一回り小さいタイプもあるのですが、それだと替えのレンズは入らなそうなので悩ましいですね。

インナークッション

普段使っているパパスショルダーに入れてみたところ。かなりキツそうですが、これでもカバンの中にペットボトル1〜2本分ぐらいの余裕はあります。

いまのところカメラを持ち歩くのは子供さんと一緒の時がほとんどなので、ペットボトルの他にタオルや下の子のおむつを一緒に持ち歩きますが、それらもなんとか収まりそうです。

なおオレンジ色を選んだのはAmazonのレビューで「カメラの小物は黒いものが多いので、インナーボックスはオレンジなど明るい色のほうが見つけやすい」というのを見たから。確かに中に黒いものが入っていると目立ちます。

タグ: , , , ,
    None Found

back to top