iFixitがGalaxy S4の分解手順を公開 修理のしやすさは10段階で「8」と高評価

2013.4.28

galaxys4

話題の製品をいち早く分解し、分解方法や修理のしやすさを紹介しているiFixitが、早くもGalaxy S4の分解手順を公開しています。分解に使われたのはAT&T版のI9505。Exynos 5 OctaではなくSnapdragonを搭載したLTE対応モデル。

galaxys4_2

背面カバーはペリペリ剥がすタイプ。このタイプのカバーが出始めたときは割りそうで怖い、と思っていましたが、意外と割れないものですね。

galaxys4_ifixit

細かなパーツは大体外しが出来るようになっていますが、
メイン基板等多くのものがディスプレイ側にあるのでディスプレイ交換する場合には全分解が必要になりそうです。

iFixitでの修理のしやすさを示すRepairbility Scoreは10段階で「8」(10が最高、iPhone 5は「7」。なおHTC Oneは最低の「1」)でした。評価のコメントは下記。

  • バッテリはツールを使わずに簡単に交換できる。
  • 筐体を開けるのが簡単で、内部パーツにもアクセスしやすい。
  • 11本のネジしか使用されておらず、すべて通常の#0版ネジ(+型の普通のネジ)が使われている。
  • 小さなパーツは取り外しが可能になっているが、いくつかは取り外すのが困難な場所にある。
  • ガラスがディスプレイ、周りのフレームと一体化しており修理コストがかさむ原因になる。
  • フロントパネルを交換する際には、すべて分解しなければならない。

大量に売れることわかっているので、組立や修理がしやすいように考えて設計しているということですかね。こういうのは昔は日本企業が得意としていたことな気がしますが、いまの日本メーカーのスマートフォンはどんな感じになっているんでしょうかね?

(source iFixit)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったらフォロー・購読をお願いします

最新情報をお届けします

News >その他

ファイアボール第3期決定? 「ファイアボール x Dlife」Dlifeで配信?

ドロッセルお嬢様、どこまで若返るのだろう・・・

レビュー >その他

原宿にGalaxy Studioがオープン。大掛かりな体感型VRも無料で体験可能

5月26日から7月3日までの期間限定で、原宿にオープンしたGalaxy Studio Tokyoに行ってきました。Galaxy Studioは昨年から各地で開催されていますが、今回はGalaxy S8/S8+とVR体験が ...

MENU

back to top