LG Optimus G2は背面にホームボタン類を配置し、第3四半期に発売されるという噂

2013.4.21

optimus_g

LGがOptimus G Proに続くフラッグシップとして、Optimus G2を2013年Q3に発売するという噂が出てきています。

engadgetはLGのモバイルマーケティング部門責任者Won Kim氏から直接聞いた話として報じていますが、それによるとG2はこれまでとは違う斬新なものになるとのことです。

残念ながらWon Kim氏はそれ以上の詳細は語らなかったそうですが、韓国のETNewsがOptimus G2はホームボタンやボリュームボタンを背面に配したユニークな形状になると報じています。

背面に移す理由として、スマートフォンが7~8mmという薄さになると側面のボタンを操作するのが難しく、また操作時に落としやすくなるためとしています。本当は背面にトラックパッドを装備したかったようですが、これの計画はコスト面の問題で撤回されたとのことです。

操作時に落としやすくなるというのは、本体が薄くなったからというより大画面化が進んだからという理由のほうが大きい気がしますが、どちらにしろ片手で操作するなら背面にボタン類があったほうが操作はしやすいかもしれません。

現在伝えられているOptimus G2のスペックは、

  • Snapdragon 800 2.3GHz クアッドコア
  • 5インチ フルHD 440ppi LCD
  • 本体の厚みは8mm(Optimus Gから10%以上薄型化)
  • Android 4.2.2搭載(発売後6ヶ月以内にAndroid 5.0にアップデート)

という感じです。

それにしても、大画面化が5インチ到達で一段落したと思ったら、今度は薄型化競争が始まった感じですね。世界最薄スマートフォンを目指して、OPPOが6.1mmのスマートフォンを4月26日に発表するということですが、Android GeeksではLGはOPPOに対抗してOptimus G2を5.9mmくらいにするのではないか(このため、側面にボタンを配置する余裕がなくなったのではないか)と予想していますが、さすがにそれはないかなぁ?

なんにしろ、薄型競争の果てに端末がポッキリ折れるという惨事が多発しないことを祈ります。

(source engadget, ETNews)

タグ: , , ,

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

moto X(2017)とされる実機画像が流出 デュアルカメラを搭載か?

motorolaの未発表モデル、moto X(2017)とされる画像がGoogle+で公開されています。 moto Xといえば、現行のmoto Zが発売されるまでのフラッグシップシリーズ。Fastbo

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited ab

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと2000円

米Amazon、Prime Exclusive Phonesにmoto G5 PlusとAlcatel A30を追加、広告表示の代わりに価格を割引

米Amazonがプライム会員向けにSIMフリー端末を販売するPrime Exclusive PhonesにMoto G5 PlusとAclatel A30を追加しました。現在Prime Exclusi

BIGLOBE SIMのエンタメフリーオプションに音楽ストリーミングサービスAWAが追加

MVNO(格安SIM)のBIGLOBEが提供するエンタメフリーオプションに、音楽ストリーミングサービスAWAが追加されました。 AWA – 音楽ストリーミングサービス BIGLOBEが提供

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

スマホの画面をテレビに出力できるMiracast(ミラキャスト)の使い方

名前だけは聞いたことはあるものの、使っている、活用しているという話をあまり聞かないMiracast(ミラキャスト)、どんなものかと思って実際に使ってみました。 ...

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

ついつい時間を忘れてしまいそう。手持無沙汰を解消するHand Spinnerを購入。

以前から気になっていたHand Spinnerを購入してみました。 今回は珍しくGeekBuyingで購入したのですが、あとから調べたら日本のAmazonでも売っていました。もっとも日本だと20...

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEI nova liteのコスパは異常 同価格帯の端末では競合がいない

HUAWEIが若者向けのシリーズとしてあらたに投入したのnova、その下位モデルという位置づけのnova liteを購入してみました。 nova liteは公式ショップや量販店では販売しておらず、...

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Android父、開発中のベゼルレスな新端末をチラ見せ

Androidの産みの親、Andy Rubin氏が、自身が立ち上げた新会社Essentialで開発している端末をTwitterでチラ見せしています。 I'm really excited...

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEI P10 lite発表 スペックはnova liteよりもやや上で価格は約3万5000円

HUAWEIがMWCで発表したフラッグシップ、P10/P10 Plusに続き、廉価版となるP10 liteを発表しました(ただし、HUAWEIのサイト上では確認できず、画像やスペックはGSMAre...

MENU

back to top